→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成21年12月17日放送内容より スズケン

DPP-W阻害糖尿病治療薬―シタグリプチンリン酸塩水和物


秋田大学内分泌・代謝・老年内科学 教授
山田 祐一郎

icon はじめに

 糖尿病は確かに高血糖を来す疾患群ですから、高血糖を是正することは非常に重要です。
 しかしながら、いろいろな薬を使ってもなかなか血糖コントロールが難しいのが現状です。
 よりよい血糖コントロールのためには、血糖を下げようとするだけではなく、高血糖を来した成因である、膵β細胞の脆弱性や肥満なども改善しなければいけません。
 新たな糖尿病の薬として、インクレチン薬が日本でも登場しようとしています。簡単にインクレチンとは何かをご説明した後に、インクレチン薬とは何か、どのような効果が期待できるかなどをご説明いたします。

icon インクレチンとは何か

インクレチン

 食事を摂取すると、消化管から2つのホルモンが分泌されます。上部小腸からのGIPと下部小腸からのGLP-1です。これらのホルモンによって膵β細胞が刺激され、インスリン分泌が増加します。インクレチンによるインスリン分泌促進は血糖値に依存し、低血糖時には増えず、血糖値の上昇とともにインスリンが効率よく分泌されます。したがって、食後の血糖上昇が抑制されます。また、低血糖を来しにくくなります。

インクレチンの生理作用と薬理作用

 もう一つ、インクレチンの膵β細胞への作用で興味深いのが、膵β細胞数を増加させることです。これは、糖尿病モデル動物で示されています。さらに、インクレチンは膵β細胞以外にも効果があることがわかってきました。これをインクレチンの膵外作用と言います。
 膵作用については、2つのホルモンはいずれもインスリン分泌を促進するなど、類似した作用がありますが、膵外作用は全く異なります。GIPは脂肪細胞に直接作用し栄養素の蓄積を促進します。したがって、体重は増加します。逆に、GLP-1は中枢神経系などに作用することで食欲を抑制し、体重が減少します。このように、インクレチンは2つの消化管ホルモンであり、共通する膵作用と固有の膵外作用を持つことをご理解ください。

 

提供 : 株式会社スズケン



1 2 3 次項へ