→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成21年12月17日放送内容より スズケン

DPP-W阻害糖尿病治療薬―シタグリプチンリン酸塩水和物


秋田大学内分泌・代謝・老年内科学 教授
山田 祐一郎

icon インクレチンを用いた新しい治療戦略

 このようにインクレチンは、血糖を下げるだけではなく、糖尿病の成因も改善する可能性があります。ただし、インクレチンは生体内ではDPP-IVという蛋白分解酵素によって分解されるので、数分間で効果が消失します。

インクレチンを用いた2型糖尿病の新しい治療戦略

 そこで、インクレチンを用いた臨床応用には2つの戦略が考えられます。
 一つは、DPP-IVによって分解されないGLP-1を用いることです。GLP-1受容体作動薬と言います。これは皮下注射薬となります。もう一つは、DPP-IVそのものの活性を阻害する薬を用いることです。DPP-IV阻害薬と言います。これは内服が可能です。
 GLP-1受容体作動薬は、GLP-1受容体に特異的に作用しますので、GLP-1作用そのものが発揮されます。DPP-IV阻害薬は、GLP-1とGIPのいずれも増加しますので、両方の作用が発揮されます。
 このようなインクレチン薬を2型糖尿病に使った際の効果をご紹介します。
 海外でのメタ解析ではプラセボと比較してGLP-1受容体作動薬はHbA1c値を1%弱低下させます。インスリンと比較するとほぼ同様ですが、日内変動が少ないことが示されています。DPP-IV阻害薬は、HbA1c値を約0.7%低下させ、従来の経口血糖降下薬とほぼ同等です。日本における治験の成績は、いずれのクラスの薬物も海外に優るものです。
 また、体重に関しては、プラセボと比較しても、GLP-1受容体作動薬は減少させます。とくにインスリンと比較するとその差は顕著となります。ただ、DPP-IV阻害薬では、体重に関して、neutralあるいはプラセボと比べると若干増加するのは、体重減少作用を発揮するほどGLP-1が高い濃度に達しない、あるいは体重増加作用のあるGIPも活性化するためと考えられています。
 このように、GLP-1受容体作動薬は、血糖改善のみならず体重減少も期待されます。ただし、皮下注射であるという点はあります。DPP-IV阻害薬は、GLP-1とGIPの両方が活性化され、血糖は改善しますが、体重に関しては影響を与えません。内服可能であるという点はあります。

icon シタグリプチンの国内臨床成績

 日本でこの度初めて発売されるDPP-IV阻害薬であるsitagliptinの日本における臨床試験の結果を簡単にまとめます。

DPP-IV阻害薬シタグリプチン

 まず、単独投与では投与開始初期から血糖コントロールを改善し、52週にわたって安定した血糖コントロールが得られました。また、ピオグリタゾン、メトホルミンあるいはグリメピリドで十分な血糖コントロールが得られない2型糖尿病患者を対象にシタグリプチンを投与したところ、いずれの試験においても、シタグリプチンはプラセボ群と比較しHbA1c値を0.7-0.8%有意に低下させました。シタグリプチンの低血糖発現頻度は日本国内における全試験を通じて低く、いずれの試験においてもプラセボ群と有意差なしでした。
 このように、DPP-IV阻害薬であるsitagliptinは、1日1回50mg、あるいは増量で100mgの内服をSU薬・BG薬・TZD薬との併用あるいは単独ですることにより、血糖コントロールの改善が期待されます。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ