→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成21年12月17日放送内容より スズケン

DPP-W阻害糖尿病治療薬―シタグリプチンリン酸塩水和物


秋田大学内分泌・代謝・老年内科学 教授
山田 祐一郎

icon 2型糖尿病の薬物療法

インクレチンを糖尿病診療に生かす・・・

 最後に、他の血糖降下薬を含めて、2型糖尿病患者における薬物療法を簡単にまとめます。
 食前血糖が正常で食後高血糖の症例には、インクレチン薬も単独で可能です。
 従来、αグルコシダーゼ阻害薬とグリニド薬がありましたが、DPP-IV阻害薬も選択肢となります。HbA1c値の改善からみると、DPP-IV阻害薬もαGIもグリニドも0.5-1%程度でほとんど変わりません。コンプライアンスの観点からは、1日1回の内服で可能なDPP-IV阻害薬sitagliptinにメリットはありますが、長期使用でどのような副作用が出現するか現時点では不明な点が気がかりです。食前も食後も高血糖の症例には、インクレチン薬は併用可能です。インスリン分泌障害が主体の糖尿病には、SU薬が最も使われていますが、血糖コントロールが不十分な症例にはDPP-IV阻害薬を併用することも可能です。
 また、インスリン抵抗性が主体の糖尿病には、BG薬あるいはチアゾリジン薬が第一選択ですが、血糖コントロールが不十分な症例にはDPP-IV阻害薬が併用可能です。
 いずれにしろ、糖尿病コントロールの指標であるHbA1c値だけではなく、体重・血圧・脂質も含めて目標値を達成することが重要であり、食事や運動療法をおろそかにしてはいけません。
 また、インクレチン薬でどのような副作用が出現するかは今後の課題であり、注意深く観察する必要がありますが、糖尿病の成因も改善する可能性のある、新たな糖尿病の治療薬であるDPP-IV阻害薬sitagliptinの登場で、よりよい糖尿病診療が行われることが期待されます。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3