→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年1月14日放送内容より スズケン

気管支喘息配合治療薬 ブデソニド・ホルモテロールフマル酸塩水和物


帝京大学内科学 教授
大田 健

icon ブデソニド・ホルモテロールの使用について

 この薬剤の特徴を生かして、海外では、さらに特徴ある方法でこの薬剤が使われております。すなわち、症状の出現に対してもこの薬剤が即効性を示すという観点から、まずベースになる量を投与しながら、症状が出たときには臨機応変に、いわゆるクリーバー的な位置づけで、SABAを吸うかわりにブデソニド・ホルモテロールを追加投与するというもので、頭文字を並べて、SMART法という形がとられております。
 しかし、現在のところ我が国で行われる治療、推奨されている治療は、あくまでも長期管理薬としてのブデソニド・ホルモテロールです。すなわち、ベースは8吸入、640µgの吸入ステロイドをベースにして、患者さんの状態が悪くなったとき、それで不十分なときには、容量調節という観点から発作に1対1対応するのではなく、その量を例えば倍にふやす、吸入に関して4吸入を基準に行うというのは、先ほど申し上げましたが、もし4吸入で十分にコントロールができないときには6吸入、さらに最大8吸入まで増量しながら、患者さんの状態を見ていくということが、一つの考え方としてあります。
 また、吸入ステロイドとLABAという2剤では、十分にコントロールできない患者さんも、既にフルチカゾンとサルメテロールの合剤によるGOAL studyという研究でわかっていますから、そのときにはロイコトリエン受容体拮抗薬、あるいは徐放性テオフィリンなどを加えることによって、さらに患者さんのコントロールをはかるという視点も持ちながら、新しく出てきますこのブデソニド・ホルモテロールフマル酸塩水和物の配合剤について、その特徴を生かし、よりよい治療を確立することが今後とも必要であろうと考えます。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3