→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年1月28日放送内容より スズケン

子宮頸がん予防用2価HPVワクチン


自治医科大学産科婦人科 教授
鈴木 光明

icon はじめに

 子宮頸がんは、日本では年間およそ15,000人が発症し、3,500人が死亡しています。近年、20代や30代の若年女性で著しい増加がみられており、この年代では乳癌を抜いて最も頻度の高い癌となっています。
 1980年代にツア・ハウゼンらにより、子宮頸がんの発症にヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関与していることが明らかになりました。この発見が契機となり、20年後には子宮頸がん予防ワクチンが開発され、現在世界の100か国以上で、このワクチンが承認され、20か国以上で公費補助のもとで接種がはじまっています。わが国においても昨年10月にGSK社製の2価ワクチンが承認され、接種できるようになりました。子宮頸がんは従来より細胞診という早期発見に有効な検診手段があり、これに加えて子宮頸がん予防ワクチンという画期的な一次予防手段が開発されたため、まさに今や子宮頸がんは“治療するがん”から“予防するがん”になったといえます。

icon 子宮頸がんの発症機序

 子宮頸がん予防ワクチンのお話をする前に、子宮頸がんの発症について、ヒトパピローマウイルス(HPV)と子宮頸がんとの関わりについて述べたいと思います。
 子宮頸がんはHPVが性交渉などにより子宮頸部粘膜に感染することが発症の第一歩です。HPVはヒトの皮膚や粘膜に疣贅(イボ)をつくるウイルスです。キャプシド内に二本鎖のDNAをもつ8kbの小型のウイルスです。ヒトに感染するのは100種類以上ありますが、子宮頸がんの原因となるのは16型、18型をはじめとして15種類くらいあり、これらはハイリスク型HPVと呼ばれます。このウイルスに感染すること自体は特別なことではなく、性交経験のある女性であれば、ほとんどの方が生涯に一度は感染するといわれています。  しかしHPVに感染しても自分自身の免疫力によってウイルスはほとんどの場合、自然に排除されます。ときにウイルスが排除されずに6か月以上にわたり長期間感染が続くことがあり、そのうちの一部が数年から数十年かけて子宮頸がんになります。

発癌性HPVの感染と子宮頸部病変の発生

 健康な成人女性の生殖器からのHPV−DNAの検出率は20-40%であり、全世界でHPVキャリアは年間3億人ずつ増加すると推定されています。そのうちCIN3 −高度扁平上皮内病変− 罹患者は年間1,000万人、そして子宮頸がんは年間45万人が新たに発症するとされており、HPV感染者のうち3.3%がCIN3に、また0.15%が子宮頸がんになると推計されます。したがってHPV感染は子宮頸がん発症の必要条件ではありますが、十分条件ではありません。“子宮頸がんはハイリスク型HPV感染によって惹き起こされる稀な合併症”といえます。
 ハイリスク型HPVが持続感染しているうちに、HPVゲノムの一部がヒトの細胞ゲノムに挿入され、一部の感染細胞内でHPVのがん蛋白質であるE6、E7が持続発現しはじめます。E6、E7は、それぞれがん抑制蛋白質であるp53とRbの働きを阻害し、またテロメラーゼの作用を阻害することから感染細胞がアポトーシスを起こすことができなくなり、細胞周期が止まらなくなり不死化がおこります。この一連の変化に遺伝子異常の蓄積などのイベントが加わり子宮頸がんへと進展すると考えられています。ハイリスク型HPVの持続感染だけでもCIN3が発症するため、子宮頸がんはウイルス発癌といえます。
 15種類ほどあるハイリスク型HPVの中でも16型と18型はとくに重要です。まず子宮頸がん患者から発見される頻度が高く、両者を合わせると約70%を占めます。20代〜30代の若年女性に多く、80%−90%を占めます。したがってこの2つの型の感染を阻止することが子宮頸がん予防の鍵になります。

 

提供 : 株式会社スズケン



1 2 3 次項へ