→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年2月4日放送内容より スズケン

肝細胞癌治療薬 ミリプラチン水和物


国立がんセンター中央病院 肝胆膵内科 医長
奥坂 拓志

icon 本邦におけるプラチナ製剤の変遷

 ミリプラチンはプラチナ製剤ですが、これまでのシスプラチンなどとは異なる製剤となっています。本邦において臨床使用されているプラチナ製剤の変遷を示します。

本邦におけるプラチナ製剤の変遷

 強力な抗腫瘍効果を示す第1世代プラチナ製剤としてシスプラチンが1983年に様々な癌種に承認を受けました。その後、シスプラチンの腎毒性、血液毒性を軽減する目的で開発された第2世代プラチナ製剤であるカルボプラチンが1990年に、ネダプラチンが1995年に承認を受けました。その後、腎毒性、血液毒性の軽減だけでなく、CDDP耐性株にも感受性をもち、交叉耐性を示しにくい第3世代プラチナ製剤としてオキサリプラチンが2005年に大腸癌の承認を得ました。オキサリプラチンはキャリアリガンドとしてDACH(ダック)構造を有していますが、ミリプラチンはオキサリプラチンと同様のこのDACH構造を持つ第3世代プラチナ製剤です。さらにミリプラチンはリピオドールに懸濁しやすい親油性のDDSとしての特徴を有しており、2つのすぐれた性格をもつ薬剤といえます。

icon ミリプラチンの薬剤特性(抗腫瘍効果と交叉耐性)

 プラチナ製剤の作用機序はDNA塩基と結合するDNAアダクト形成であり、強力にDNAの合成を阻害します。細胞周期によらない細胞周期非特異性の作用機序であり、他剤と比較しても強い抗腫瘍効果を示すとされています。ミリプラチンの作用機序もシスプラチンと同様に腫瘍細胞のDNAとアダクトを形成し、シスプラチンに匹敵する抗腫瘍効果を示します。
 ミリプラチンは、腎毒性が低いという第3世代プラチナ製剤としての特徴を有しているため、臨床で使用する際、通常、シスプラチンほどのハイドレーションは必要ありません。また、CDDP耐性株に対し活性を示す点については、シスプラチン耐性腫瘍株とミリプラチン耐性腫瘍株を用いた感受性試験で交叉耐性が示されない事が確認されています。実際の臨床においてミリプラチン耐性にはシスプラチンが、シスプラチン耐性にはミリプラチンが有効である可能性が示唆され、薬剤選択の幅が広がるメリットが考えられます。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ