→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年2月11日放送内容より スズケン

がん化学療法に伴う腫瘍崩壊症候群と高尿酸血症治療薬 ラスブリカーゼ(遺伝子組換え)


東京慈恵会医科大学内科学(腫瘍・血液) 准教授
薄井 紀子

icon TLSリスク別の予防的治療法

 では、実際の治療をどうするか、TLSリスク別の予防的治療法についてお話しします。
 白血病やリンパ腫のサブタイプや初診時の状態により、TLS発症の、高リスク、中間リスク、低リスク群に分けます。さらに、治療前の血清尿酸値などを参考にして、薬剤や治療方法を選択します。
 疾患別のTLS発症のリスク分類は、高リスク群にはバーキットリンパ腫・白血病、急性白血病で白血球数が非常に多いものなどが含まれます。中間リスク群には、リンパ腫の中で疾患頻度の高いびまん性大細胞Bリンパ腫や、白血球数が多い白血病が含まれ、低リスク群には、低悪性度リンパ腫のインドレントリンパ腫や、白血球数があまり多くない状態の白血病が含まれています。

臨床的腫瘍崩壊症候群の3予後因子とスコアリング

 検査値異常の中では、臨床的TLSを来しやすい因子としては、白血球増加、高尿酸血症、LDHの高値があげられます。臨床的TLS発症のオッズ比が示され、それぞれをスコア化し、スコアを合計すると、0から6の7段階に分けられ、それぞれの発症頻度が分かります。合計スコア0-2は低リスク、3,4は中間リスク、5,6は高リスクと捉えることができます。

各疾患におけるTLS発症リスク分類とその治療法

 そして、高リスク群あるいは、リスク群に拘わらず尿酸値>7.5mg/dLでは、アロプリノールよりもラスブリカーゼ治療が選択され、ラスブリカーゼは0.2mg/kgの用量が推奨されます。
 中間リスク群では、尿酸値が正常域(<7.5mg/dL)にあるならば、アロプリノール治療でも良いのですが、ラスブリカーゼ0.15mg/kgの治療も推奨されます。
 低リスク群では、適切な輸液療法を行いながら、予防的治療法は行わず、注意深い経過観察や、アロプリノールの治療が選択されますが、ラスブリカーゼ0.1mg/kgの選択もあり得るとされます。

ラスブリカーゼの投与法

 次にラスブリカーゼの投与についてお話しします。体重当たり0.2mgを30分の点滴静注で、1日から7日まで投与できます。急性骨髄性白血病の初回寛解導入療法を例に取りますと、図2に示すように、治療の始まる4から24時間前までに、ラスブリカーゼを投与します。そして、抗白血病薬を投与し、尿酸値の推移を6から12時間毎に測定し、尿酸値の正常化を得るまで投与します。

ラスブリカーゼ副作用

 ラスブリカーゼの副作用ですが、重篤なものは、溶血性貧血、メトヘモグロビン血症やアナフィラキシーです。頻度の高いものは、肝障害、アレルギー反応、消化器症状などです。溶血性貧血などの赤血球の障害は、尿酸からアラントインへの酸化反応により発生する過酸化水素が原因となります。特に赤血球の代謝異常症を呈する、グルコース-6-リン酸脱水素酵素(G6PD)欠損を有する患者さんでは、重篤な溶血性貧血を生ずるため、本薬剤は禁忌となっています。G6PD欠損は遺伝性のもので、日本人での頻度は低いといわれています。

 以上述べてきましたように、白血病・リンパ腫の化学療法において合併するTLSに伴う高尿酸血症の治療は、ラスブリカーゼの登場で、大きく改善してきました。TLSの適切な予防・治療が可能となれば、これら血液腫瘍の治療成績が、さらに改善することが期待でき、ラスブリカーゼの至適な治療法の確立が急がれます。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3