→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年2月18日放送内容より スズケン

新薬の薬価算定根拠(29)


日本大学薬学部薬事管理学 教授
白神 誠

icon アズマネックツイストヘラーとプリジスタナイーブ錠の薬価算定根拠

 次は、アズマネックスツイストヘラーです。

アズマネックスツイストヘラーの薬価算定表

 有効成分は、モメタゾンフランカルボン酸エステルで、シェリング・プラウの開発です。モメタゾンフランカルボン酸エステルは、抗炎症作用を有し、「気管支喘息」を効能・効果とします。補正加算のいずれの要件にも該当せず、効能・効果、薬理作用等が類似する外用剤が既に3つ以上あることから、類似薬効比較方式(U)で算定が行われました。薬価の算定は、最も類似していると考えられるブデソニドの製剤の薬価、過去10年間に薬価収載された類似薬の平均1日薬価、過去6年間に収載された類似薬の最低薬価を比較し、最も薬価の低かった、過去6年間に薬価収載された類似薬の最低薬価、すなわちシクレソニドの製剤である帝人ファーマのオルベスコインヘラーの薬価に合わせることとされました。本剤はキット製品ですが、ドライパウダーを吸入するタイプの既存のキット製品に比し、薬剤の平均粒子径が小さくなるように設計されており、これにより末梢気道にも到達し、治療の質を高めることが期待されることから、キット加算を適用することが妥当と判断されました。また、算定にあたっては、キット特徴部分の原材料費も加えられています。


 次は、プリジスタナイーブ錠です。

プリジスタナイーブ錠の薬価算定根拠

 有効成分は、ダルナビルエタノール付加物で、ヤンセン ファーマの開発です。ダルナビルエタノール付加物は、HIVプロテアーゼ阻害作用を有し、「HIV感染症」を効能・効果とします。効能・効果、薬理作用等が同一のホスアンプレナビルカルシウム水和物の製剤であるグラクソ・スミスクラインのレクシヴァ錠を比較対照薬に類似薬効比較方式(T)で算定が行われました。本剤は希少疾病用医薬品であり、市場性加算(T)の適用は認められると判断されましたが、類似の薬理作用を有する抗HIV薬が既に多く収載されていることを踏まえ、評価は限定的なものとされました。なお、算定薬価が外国平均価格の3/4を下回ることから、外国平均価格調整による引上げが行われました。


 以上の7成分11品目は昨年(平成21年)8月26日の中医協総会で審議され、9月4日に薬価基準に収載されました。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 4