→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年4月15日放送内容より スズケン

DI実例集(167)注射薬の配合変化


愛媛大学医学部附属病院 薬品情報室室長
田中 守

icon 注射薬の配合変化とは

 注射薬の配合変化とは、「2つ以上の医薬品を混ぜて投与する際に、何らかの変化が起こった結果、期待された効果が得られないこと」とされています。

配合変化

 配合変化は物理的変化と化学的変化に分類されます。その現象としては外観変化や含量(力価)低下などが挙げられます。この中で含量(力価)低下は通常、外観上の変化として捉えることができません。
 従って、メーカー等から公開されている「配合変化試験成績」が情報源となり、薬剤部では、採用薬剤の配合変化情報を収集し、常に活用できる状態にしておく責務があります。

注射薬の混合方法

 日本の臨床現場において、注射薬が単独で投与されることは少なく、特に輸液類は殆どが何らかの注射薬を混合して投与されている状況です。ところが、輸液類の多くは配合剤のため、それ自体に複数の成分を持つことに加え、これら注射薬の混合方法には、事前に混合する方法・投与時に混合する方法など様々な方法があります。たとえば2種類の注射薬の組み合わせであっても、混合の比率、濃度、時間などの様々な条件があることが、注射薬の配合変化をより一層複雑にしています。そのため沈殿・混濁などの配合変化が生じると、投与ルートやフィルターが詰まり、投与速度の低下につながります。その結果として、その薬剤を投与することができなくなってしまうという大きなリスクを孕んでいます。従って、輸液と注射薬に関する混合・投与方法ならびに配合変化情報を理解して活用することは重要であり、その情報をより適切な形で提供することが必要です。

 

提供 : 株式会社スズケン



1 2 3 次項へ