→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年4月15日放送内容より スズケン

DI実例集(167)注射薬の配合変化


愛媛大学医学部附属病院 薬品情報室室長
田中 守

icon 側管注入の留意点

 輸液への直接混合が禁忌である注射薬の場合には、別ルートからの投与が望ましいのですが、別ルートが確保できない場合には、側管注入されます。以前は、側管注入の可否に関する問い合わせは少なく、(側管注入は)配合変化を起こさない方法と捉えられていたようです。しかし最近では、ICU, NICUにおける注射薬調製などの薬剤業務の拡大によって、配合変化に対する注意が浸透しています。側管注入での配合変化の現象として、注射薬の成分は輸液で希釈されずに高濃度で接触すること、同じルートで続けて投与された注射薬が配合変化を起こすことが挙げられます。その結果不溶性物質を析出した場合は、体内に入ってしまう危険性があります。つまり、輸液と注射薬の混合割合や複数の注射薬の投与順序を踏まえておく必要があります。したがって、投与ルート内で輸液とその注射薬が接触しても大丈夫であるが、同じルートを使用する他の注射薬との配合変化があるために側管注入の前後にフラッシングするという情報を付帯しないと、十分な情報提供をしたとは言えません。注射薬を安全に投与するにはどうしたら良いのかという、非常にシンプルな命題ではありますが、使用状況を十分に想定して、より実践的でより安全性を期した情報提供が必要となります。

icon 配合変化の原因

 注射薬・輸液の配合変化には多くの原因があります。その中のpH依存性の配合変化事例を紹介します。

事例

 看護師からアミノトリパ1号®のTPNラインからドルミカム®を側管注入して白濁を生じたと問い合わせがありました。ドルミカム®のpH変動スケールから液性はpH約3.4、外観変化が起こる、変化点はpH4.72であることがわかります。つまり、アミトリパ1号®(混合液)のpH約5.6と混合したことでドルミカム®の成分であるミダゾラムが析出したのです。したがって、同じルートでは、ドルミカム®の原液を投与することはできません。しかし、ドルミカム®を5倍希釈に調製することで変化点がpH4.72からpH5.90へと塩基性側にシフトするので、pH約5.6であるアミトリパ1号®と混合しても配合変化は起こりません1)。また、24時間後もフィルターに目詰まりしないことも確認されています1)。他のラインの確保が難しいケースではドルミカム®の側管注入は5倍希釈法であれば投与可能であることを付帯情報として提供します。このように文献等の集積や注射薬調製監査マニュアル(監修:山口県病院薬剤師会)などの資料を利用する必要があります。また、pH依存性の配合変化を考察するうえでpH変動スケールは重要な資料となりますので、新薬の採用時には作図の必要があります。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ