→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年4月22日放送内容より スズケン

日本薬学会第130年会


順天堂大学大学院 (文科省)スポートロジーセンターセンター長・教授
河盛 隆造

icon 2型糖尿病治療の目的

 2型糖尿病の治療の目的は、心筋梗塞、脳梗塞といった動脈硬化性疾患の発症防止にあると言っても過言ではございません。そのためには、長期にわたり安定した血糖コントロールが必要になります。この際、膵β細胞からのインスリン分泌力を守る、すなわちインスリンが分泌され、肝臓に流れ込んでいること、この点が重要であることは言うまでもありません。

健常人にみる“糖のながれ”と“インスリン”のながれ

 糖尿病では血糖値が高い、それは体の中での糖のながれのいずれかのポイントに乱れが生じていることをあらわしていることになります。すなわち、インスリンやグルカゴンが常に肝臓に流れ込んでいる、食後にはブドウ糖も流れ込んでいる、それを肝臓、筋肉、全身の細胞が処理している、その結果が血糖値であると捉えることができます。
 糖尿病の方では、糖のながれのどこかに乱れが生じています。そのポイントを把握して食事療法、運動療法、あるいは経口剤であるαグルコシダーゼ阻害薬、メトホルミン、ピオグリタゾン、ナテグリニド、ミチグリニド、SU薬、さらにDPP-4阻害薬、あるいは今回登場いたしましたGLP-1アナログの注射、インスリン注射療法、これらがあるということは言うまでもございません。

2型糖尿病にみる乱れた“糖のながれ”と治療によるその是正

 そして大切なことは、これらの治療法が一つ一つ、乱れた糖のながれを是正する、働きかけるポイントが違うということです。無意識のうちに、私どもは、患者の乱れた糖のながれがどこにあるのかを把握して、それを是正するために的確に薬剤を用いていることになります。作用の異なる一剤が無効であれば、もう一剤加える、1+1の効果が3になる、1+1+1の効果が6になる、そのように薬剤を選択していることになろうかと思います。

 

提供 : 株式会社スズケン



1 2 3 次項へ