→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年7月15日放送内容より スズケン

DI実例集(168)医薬品血管外漏出への薬剤師の役割


鳥取大学病院薬剤部医薬品情報管理室 主任
小川 勝弘

icon 血管外漏出を予防するためのポイント

 血管外漏出を予防するための観察・指導するポイントについて以下表にします。

血管外漏出を予防するための観察・指導のポイント

 医薬品により組織障害性の程度が異なることから、血管外漏出時にはその特徴を十分に把握し、薬剤に応じた適切な処置を行わねばなりません。本院においては、医薬品を抗がん剤および抗がん剤以外の薬剤についてまとめています。

血管外漏出に注意すべき薬剤

 まず、抗がん剤の血管外漏出は点滴のトラブルで最も多く、その発生頻度は0.1〜6.5%程度といわれています。また治療を繰り返し行っている患者は血管が脆弱化し、投与回数が増えることで、より一層漏出が生じやすくなっています。抗がん剤は組織障害性により分類されており、抗がん剤によって対処方法も異なるため、その分類及び特徴を把握しておく必要があります。抗がん剤の中でも少量の漏出で紅斑、水疱、壊死などを起す壊死性抗がん剤、漏出部位に発赤や疼痛を生じることがありますが、潰瘍を形成することはほとんどない炎症性抗がん剤、多少漏出しても炎症を起こさない非炎症性抗がん剤に分類されます。また、抗がん剤以外の医薬品については、強アルカリ性薬剤、血管収縮薬、高浸透圧薬、電解質補正用薬、その他と分類しています。強アルカリ性薬剤であるフェニトインなどの場合、薬剤が周囲に浸透しやすく広範囲に組織障害が生じます、血管収縮薬は、細胞に酸素欠乏状態が生じ壊死を引き起こす恐れがあります。造影剤などは高浸透圧による組織破壊を生じることがあり、電解質補正用薬はカルシウムイオンやカリウムイオンを大量に含むため細胞膜の働きを阻害することで皮膚に障害を起こす恐れがあります。また、その他に分類したガベキサートは濃度依存的に血管内皮細胞を障害することが報告されています。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ