→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年8月5日放送内容より スズケン

不眠症治療薬 ラメルテオン


日本大学 精神医学系教授
内山 真

icon メラトニンの睡眠促進作用とメラトニン受容体作動薬

 夜になってから、メラトニンあるいはメラトニン受容体作動薬を投与しても概日リズムの位相は大きく変化しません。しかし、私たち人間のような昼行性動物では、睡眠の発現が観察されます。これが第2の作用で、体内時計をしっかりと夜の状態にすることで、そこから始まる睡眠のプロセスを促進する睡眠促進作用です。臨床的には、入眠作用がみられるわけですが、除放製剤では睡眠を安定化させ中途覚醒を防ぐ作用も報告されています。
 体内時計は夜になると、身体と心を昼の状態から夜の状態に切りかえます。そして、この夜に切りかわったところで自然な睡眠が発現してきます。メラトニン受容体作動薬を投与した場合に、活動に適した昼の状態から休息に適した夜の状態への心身の切りかわりが促進されます。この時に、大脳皮質に対する直接的鎮静作用は示さないので、一言で言うと身体の休息体制を整える作用と言っていいかと思います。これまでに不眠症や実験的不眠症においてメラトニンを就眠前に高用量投与した場合には、全般的睡眠感の改善や、あるいは自覚的総睡眠時間の増加などが見られておりますし、睡眠ポリグラフ検査では入眠するまでの時間の短縮と相睡眠時間の増加が観察されます。
 中途覚醒のある高齢者について、メラトニンの徐放製剤を投与した研究では、持続的睡眠促進作用により、夜間の中途覚醒回数の減少し睡眠の質の改善が見られたことが報告されております。睡眠促進作用の本質は、身体の休息体制を整えることにより自然な睡眠を促し、睡眠を地固めするところにあるといえるでしょう。

icon メラトニン受容体作動薬と不眠治療

 今度上市されるラメルテオンはこういったところに強く働きまして、特にメラトニン高用量で投与に近い力価を持っておりますので入眠を改善し、睡眠時間を長くして、睡眠を安定化させる作用が明らかにされています。
 このようにメラトニン受容体作動薬は、大脳に対する直接的鎮静作用によらず、体内時計を通じて身体の休息体制を整えることで、自然な睡眠を起こます薬剤です。このため、大脳皮質の抑制による認知機能障害を起こす可能性が少ないことが期待されています。また、メラトニン受容体作動薬では、これまでの睡眠薬で問題になってきた、脱力などの筋弛緩作用を起こすことがないということが注目されます。
 これまでのラメルテオンの治験結果から見ますと、入眠作用の力価についてはこれまであったベンゾジアゼピン受容体作動薬の睡眠薬と比べてやや弱い点もありますが、副作用のなさなどから見ますと非常に有利な点を持っていると考えます。
 これまであるベンゾジアゼピン受容体作動薬に加えて、新しい作用機序を持った不眠症治療薬、メラトニン受容体作動薬が出現したことで、私たち臨床医にとっては治療法選択の幅が大きく広がったことになります。これら異なった作用機序を持つ薬物を適切に使用すれば、不眠に悩む方々の苦痛を取り除いて、QOL向上に貢献できると考えます。このためには、不眠症状や患者特性に基づいたそれぞれの薬剤特性を活かした使い分けなど、臨床情報の交換と臨床経験の共有が日本の臨床家の課題になると思います。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3