→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年8月12日放送内容より スズケン

緑内障治療用配合点眼薬ドルゾラミド塩酸塩・チモロールマレイン酸塩


熊本大学眼科 教授
谷原 秀信

icon 配合剤の利点

 配合剤そのものの利点に立ち戻ってみます。配合剤は配合成分の併用で得られる眼圧下降効果を維持したままに、ボトル数を減少させることができます。また点眼回数を減少させる、点眼間隔を空けずに済む、その結果、点眼コンプライアンスの向上が期待できる、ひいては点眼剤の適正使用が促進されることが利点だと私は考えております。当然ながら、冒頭に述べたように、緑内障は長期にわたり治療を継続しますので良好な忍容性が必要なのはいうまでもありません。
 最後に、ドルゾラミド/チモロール配合剤の利点に触れて本日を締めくくりたいと思います。

ドルゾラミド/チモロール配合剤にはβ遮断剤・・・

 海外データにもありましたが、PG製剤で十分な効果が得られなかった場合、ドルゾラミド/チモロール配合剤を併用することは有効な眼圧を得る、すなわち目標眼圧を達成するために考慮すべき一つの方法であると考えています。この併用の利点は、どのPG製剤で治療していてもドルゾラミド/チモロール配合剤を追加併用することが可能であるということです。日本国内ではすでに5種類のPG製剤、そしてそれらの後発品が発売されております。これらはそれぞれ違う特性を持ち、少し異なった副作用、利点を有しています。しかし、ドルゾラミド/チモロール配合剤は、これらのどのPG製剤と併用することによっても、より優れた眼圧下降効果を達成することができます。すなわち、緑内障治療において長期的に安定した眼圧下降効果を得るための最も優れた組み合わせの一つであると考えています。患者さんに合ったPG製剤を使いつつ、このドルゾラミド/チモロール配合剤を併用することができるので、治療の幅が今後大きく広がっていくと感じています。
 これからの緑内障の薬物治療において、PG製剤とドルゾラミド/チモロール配合剤の併用が大きな一つの選択肢として認知される日が来るものと考えております。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3