→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年8月26日放送内容より スズケン

第58回日本化学療法学会総会


長崎大学大学院感染免疫学 教授
河野 茂

icon 鳴滝塾シンポジウムについて

 まず、メインテーマと関連した企画「鳴滝塾シンポジウム」は、「化学療法の歴史を語る」と題して、日本の近代医学のさきがけとなり、歴史的な出発点となった鳴滝塾に倣い、日本の化学療法のさきがけとなった4人の著名な先生方にご講演いただきました。
 お一人目は、東邦大学名誉教授であり、現在は社会福祉法人東京小児療育病院理事長の五島瑳智子先生に「in vitroとin vivoのはざまで」と題して、
 お二人目は、九州大学名誉教授であり、現在は北九州市保健福祉局医務監を御勤めの熊澤淨一先生に「法人化と国際化{梅沢賞と大越賞}」と題して、
 続いて帝京大学名誉教授紺野昌俊先生に「インフルエンザとブドウ球菌性膿胸」と題して、最後に杏林大学名誉教授小林宏行先生に「細菌バイオフィルムと抗菌療法」と題してご講演をいただきました。

icon 特別講演から

 特別講演では、東京大学医科学研究所の岩本愛吉先生に「抗HIV療法の進歩とグローバルな課題」と題して、抗HIV薬開発の状況やアジアを中心とした疫学状況、感染拡大の防止についてお話しいただきました。岩本先生は本分野において世界をリードする研究者であり、そのご講演は参加者にとって大変貴重なものであったと思っております。
 また東邦大学医学部微生物・感染症学講座の舘田一博先生には「化学療法学展望―トランスレーショナル・リサーチの視点から―」と題してご講演いただきました。

icon 招請講演から

 続いては、招請講演からご紹介いたします。
 長崎大学の片峰茂学長には、病態も不明で、治療法もないプリオン病研究の最先端について、東京女子医科大学先端生命医科学研究所の岡野光夫先生には、注目を集める再生医療分野について、細胞シートの臨床応用に関してご講演いただきました。
 また、インフルエンザ研究で有名な、バージニア大学のフレデリック・ハイデン先生と国立感染症研究所感染症情報センターの岡部信彦先生に、今回のパンデミックについてご講演いただきました。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ