→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年9月9日放送内容より スズケン

緑内障治療用配合点眼薬トラボプロスト・チモロールマレイン酸塩


日本大学視覚科学系眼科学 准教授
山崎 芳夫

icon 使用上の留意点

トラボプロスト・チモロール配合点眼液の副作用

 こちらは臨床試験における主な副作用です。上段が臨床試験時に使用されたベンザルコニウム塩化物含有製剤、下段がその後ベンザルコニウム塩化物含有製剤との同等性を評価した試験で使用され、今回日本で発売されたベンザルコニウム塩化物非含有製剤での成績です。いずれにおいても5%以上の頻度でみられた副作用は充血であり、これはトラボプロストに見られる副作用であります。他に眼局所の副作用はトラボプロストとチモロールに見られるものであり、それ以外に低頻度で全身性の副作用が見られました。これらはチモロール製剤で報告されているものです。このようにトラボプロスト・チモロールマレイン酸塩は配合剤にすることで新たな副作用はなく、それぞれの構成成分であるトラボプロストおよびチモロールに起因する副作用が認められました。

デュオトラバ配合点眼液:禁忌

 また、トラボプロスト・チモロールマレイン酸塩の禁忌はこちらに示す症例です。すでに述べたように、トラボプロスト・チモロールマレイン酸塩はβ遮断薬であるチモロールを含有するため、チモロールの禁忌が適応されます。緑内障薬物治療では、ここ数年はプロスタグランジン関連薬が第1選択となることが多く、また様々な作用機序の薬剤との組み合わせが可能になったことから、ここでもう一度チモロールの禁忌について確認しておくことは大事なことだと思います。まず、呼吸器系の疾患を持つ症例です。気管支喘息や、その既往歴のある患者、気管支痙攣、重篤な慢性閉塞性肺疾患のある患者ではβ受容体遮断による気管支平滑筋収縮作用により、喘息発作の誘発・憎悪が見られるおそれがありため禁忌です。また、コントロール不十分な心不全、洞性徐脈、房室ブロック(II、III度)、心原性ショックのある患者さんではβ受容体遮断による陰性変時・変力作用により、これらの症状を増悪させるおそれがあります。

 本日はトラボプロスト・チモロールマレイン酸塩の配合点眼液について紹介いたしました。配合剤ということで利便性の面が強調される傾向がありますが、局所副作用のみ認められるプロスタグランジンF2α関連薬に、全身性の副作用のリスクを有するチモロールが含有されることを考慮した上で、このトラボプロスト・チモロールマレイン酸塩を適正使用に基づいて使用していくことが大切です。個々の患者の適性を十分に考え、長期にわたる緑内障治療に配合剤の利便性を役立てていく姿勢が重要であると考えます。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3