→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年9月23日放送内容より スズケン

話題の新薬2010−(2)


獨協医科大学 名誉学長
原田 尚

icon 緑内障治療薬;ビマトプロスト

 次に、緑内障治療薬;ビマトプロストについてお話しします。

ビマトプロストの構造式

 ビマトプロストは米国で新規合成されたプロスタマイド誘導体で、強力な眼圧低下作用を示します。
 効能・効果は緑内障と高眼圧症で、1日1回1滴を点眼します。副作用は80%に見られ、まつげの異常、結膜充血、眼瞼色素沈着などであり、重大な副作用としては虹彩の色素沈着などの見られることがあります。

icon 抗生剤;バンコマイシン塩酸塩

 次に、抗生剤;バンコマイシン塩酸塩についてお話しします。

バンコマイシン塩酸塩の構造式

 バンコマイシン塩酸塩は1956年米国で発見され、グラム陽性菌に対する適応が認可されて以来広く用いられてきましたが、MRSA、MRSEなどの多剤耐性菌による結膜炎、角膜炎等の眼感染症に対しては経静脈性の投与は有効でなく、軟膏剤が開発されました。適応症はMRSA、MRSEなどであり、適応症としては既存の治療に反応しない、眼瞼炎、涙のう炎、結膜炎などです。副作用は28%に見られ、眼瞼浮腫であり、重大な副作用としてはショック、アナフィラキシー様症状も見られることがあります。

 そのほか、アレルギー性鼻炎治療薬;デキサメタゾンシペシル酸エステル、肥満症の体重コントロール薬;シブトラミン塩酸塩水和物などがありますが、時間の関係上詳細は省略させていただきます。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3