→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年10月14日放送内容より スズケン

閉経後骨粗鬆症治療薬(SERM)バゼドキシフェン酢酸塩


山王メディカルセンター 女性医療センター長
太田 博明

icon 新しいSERMの登場

バゼドキシンは・・・

 既存のSERMであるラロキシフェンに加えて、新しいSERMであるバゼドキシフェン(商品名:ビビアント錠)が、閉経後骨粗鬆症の新たな治療選択肢としてこの度加わりました。

バゼドキシン海外第III相試験

 バゼドキシフェンの海外大規模第III相試験は、プラセボ対照及びラロキシフェン対照、多施設共同、無作為化二重盲検第III相試験であり、バゼドキシフェン20及び40mg投与群、ラロキシフェン投与群及びプラセボ投与群の合計4群における3年間の投与期間にて実施されました。各群は1800例以上にて、全体で約7500例の閉経後骨粗鬆症患者を対象としています。本試験は3年間のコア試験が終了した後、有効性及び安全性に関する長期のデータを得ることを目的として、投与期間を5年、さらには7年までとした延長試験を実施しています。全ての被験者に1000〜1200mg/日のカルシウム補助剤として炭酸カルシウム及び400〜800IU/日のビタミンDが投与されました。

新規椎体骨折の累積発生率

 有効性の主要評価項目である投与36ヵ月後の新規椎体骨折発現率に関して、バゼドキシフェン20mg投与群及び40mg投与群はそれぞれ2.3%及び2.5%であり、プラセボ投与群の発生率4.1%に比較して椎体骨折の累積発生率の有意な低下が確認されました。またバゼドキシフェン投与によるプラセボに対する相対的リスク減少率はそれぞれ42%と37%でした。

非椎体骨折の累積発生率

 また、投与前大腿骨頸部骨密度のT-スコアが-3SD以下、または投与前に1ヵ所以上の中等度又は高度の椎体骨折または複数の椎体骨折が認められることを基準として特定した高リスク群に対して追加解析が実施されています。その結果、非椎体骨折リスクの高い被験者において、バゼドキシフェン20mgの投与により、非椎体骨折の発生率がプラセボ投与群と比べて50%、ラロキシフェン60mg投与群と比べて44%低下することが認められました。これらの低下はログランク検定により算出されたP値としてそれぞれP=0.020及びP=0.047と示され、統計学的な有意差が認められました。
 安全性については、深部静脈血栓症の発現率はプラセボ投与群と比較してバゼドキシフェン投与群及びラロキシフェン投与群で高値を示しました。しかし重篤な副作用と考えられる肺塞栓、心筋梗塞、脳卒中の発現率はプラセボ群と同等でした。また、エストロゲンやSERMの特徴的な副作用として考えられる、ほてりと下肢痙攣の発現率は、プラセボ群に比べてバゼドキシフェン群、ラロキシフェン群共に有意な高値を示しました。生殖器系および乳房関連の有害事象発現率は、乳房嚢胞/線維嚢胞性乳腺疾患はラロキシフェン群で有意に高い発現率がみられましたが、乳癌、子宮癌、子宮内膜増殖症については各群でプラセボ群と同程度の発現率でした。

腰椎骨密度に対する作用

 国内の第II相試験はプラセボ対照、多施設共同、無作為化二重盲検、用量反応第II相比較試験で、バゼドキシフェン20mg投与群と40mg投与群、及びプラセボ投与群の合計3群の2年間の投与期間にて実施されました。全ての被験者に一日610mgのカルシウムと400IUのビタミンD及び30mgのマグネシウムが投与されました。投与104週後又は中止時の腰椎BMDの投与前からの変化率は、プラセボ投与群と比較してバゼドキシフェン20mg及び40mg投与群で有意に増加しました。
 腰椎骨密度変化率の推移に関して、バゼドキシフェン20mg及び40mg投与群では、24週後の時点で投与前値からの有意な増加が認められ、その後104週後まで持続しました。プラセボ投与群では52週後まではほぼ投与前値から変化がなく、その後緩やかに減少しました。
 骨代謝マーカーについては、血清CTX、NTX、オステオカルシン、尿中NTXの平均変化率は、バゼドキシフェン投与後12週から有意な減少を示し、52週後の時点で平均変化率は最大となり、その後104週まで持続しました。

安全性プロファイルの比較

 国内の第II相試験における有害事象の発現に関して、特に問題となる傾向は認められませんでした。また国内試験ではVTEの発現は1例も認められませんでした。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ