→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成22年12月30日放送内容より スズケン

アレルギー性疾患治療薬レボセチリジン塩酸塩


鹿児島大学大学院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 教授
黒野 祐一

icon レボセチリジンの臨床効果

 このようにアレルギー性鼻炎に対する高い有用性が期待されるレボセチリジンですが、本邦ではつい最近発売されたばかりで、また国内で臨床試験も行われていないため、我が国特有のスギ花粉症を含むアレルギー性鼻炎に対する有効性については、これからの臨床研究の結果を待たなければなりません。しかし、海外では、本薬剤による季節性アレルギー性鼻炎や通年性アレルギー性鼻炎の治療効果に関する論文がすでに数多く報告されています。

季節性アレルギー性鼻炎に対する即時効果

 たとえば、季節性アレルギー性鼻炎に対する効果として、Dayらが花粉曝露室での研究成績を報告しています。この実験では、被験者はレボセチリジンを内服後、花粉暴露室に入り、ブタクサ花粉の暴露を受けるのですが、レボセチリジンを内服した被験者は、投与1時間目からプラセボさらにデスロラタジンを内服した被験者と比較して、アレルギー性鼻炎に関連する総合症状スコアが有意に改善しています。そして、その効果は24時間持続し、その後、再度薬剤を内服すると、初回と同様にプラセボやデスロラタジンを内服した群よりも有意に症状が改善し、治療効果の再現性が認められています。また、Jorrisenらは季節性アレルギー性鼻炎患者1,290例を対象としてレボセチリジンを4週間投与し、レボセチリジンは抗ヒスタミン薬による前治療を何も受けていなかった症例はもちろん、セチリジン、ロラタジン、デスロラタジンによる前治療が無効だった症例に対しても有効であったことを報告しています。つまり、レボセチリジンが従来の抗ヒスタミン薬にはない治療効果を持つことが示唆されます。

通年性アレルギー性鼻炎患者に対する臨床効果

 通年性アレルギー性鼻炎に対するレボセチリジンの効果は、Potterらがプラセボ対照二重盲検試験を行い検討しています。それによると、レボセチリジンはアレルギー性鼻炎に関連する症状スコアを、投与1週目からプラセボと比較して有意に低下させ、その効果は6週後まで持続しています。

通年性アレルギー性鼻炎患者における
症状スコアの推移

 さらに長期間の臨床試験として、Bachertらは551名の通年性アレルギー性鼻炎患者を対象にレボセチリジンもしくはプラセボを6ヵ月間投与し、鼻症状および眼の痒みの推移を比較しています。その結果も、先のPotterらの報告と同じく、服薬開始後1週目で治療効果に有意な差を認め、服薬期間に応じて効果が上昇し、鼻閉も有意に改善されています。すなわち、レボセチリジンの通年性アレルギー性鼻炎に対する長期治療効果、そして抗ヒスタミン薬の弱点とされる鼻閉に対する効果が実証されています。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ