→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成23年1月13日放送内容より スズケン

バソプレシンV2受容体拮抗利尿薬 トルバプタン


北里大学循環器内科学 教授
和泉 徹

icon トルバプタンの臨床試験成績

 バソプレシンの受容体には、V1A、V1BとV2の三つがあります。今回登場したバソプレシン受容体拮抗薬はV2のみを選択的に拮抗する作用を持っています。

低Na血症を伴う慢性心不全患者での結果

 低ナトリウム血症を伴う慢性心不全患者での二つの臨床試験(SALT-1、SALT-2)で低ナトリウム血症を改善し、心不全症状を改善するという成果をおさめました。


全死亡率

 しかし、慢性心不全 NYHAV-W度の患者で行われた臨床試験EVERESTにおいては、残念ながら全死亡率のリスクを軽減するには至りませんでした。しかし、安全性においては、従来の利尿薬と劣らないリスク回避が確認されています。欧米においては低ナトリウム血症を伴う慢性心不全の治療薬として、症状を軽減し患者さんの訴えを少なくする薬剤として既に承認されています。
 この結果を受けて、日本でもQESTと呼ばれる臨床試験が行われました。この臨床試験においても、トルバプタン15mgあるいは30mg投与によって、著明な利尿効果が確認されました。また利尿効果によって十分な体重減少も見られました。また、患者さんのうっ血に基づく症状(頸静脈怒張、下腿浮腫など)が軽減しました。副作用においては顕著なものはみられていません。口渇、便秘、頻尿などのみでした。すなわち、日本の臨床試験におきましてもトルバプタンは安全に効果を引き出せることが立証されたことになります。

トルバプタンの注意点

 トルバプタンの登場はうっ血性心不全の利尿薬使用体系を大きく変えるものと期待されます。持続的な血液ろ過法、カルペリチドの持続静注に続いて、うっ血症状がとれない患者にはトルバプタン投与が有効に作用することでしょう。その後、ループ利尿薬、あるいはアルドステロン拮抗薬を経口投与するといったシナリオが成立することになります。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ