→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成23年2月24日放送内容より スズケン

添付文書の中の副作用(26)電解質酸塩基平衡異常 その1


帝京大学名誉教授
清水 直容

icon チャネルとトランスポーターの機能

 チャンネルというのは、穴で、トランスポーターというのは運び人(キャリア)です。薬理医学的・生理学的特性から、その細胞に膜のたんぱく質があります。それが関係して、その膜を複数回通過するたんぱくであることがわかっており、その物質の輸送は膜輸送体たんぱく分子の中にある道を通るとされています。

チャネル・トランスポーター/腎臓チャネル

 それでは、まずチャネルについてお話ししたいと思いますが、これは孔(ポア)と考えます。その中央部に親水性の孔がつくられており、特定のイオンや水を透過させる輸送体です。イオンはそこに存在するエネルギーの壁をジャンプしながらポアの中を通過します。チャネルはある大きさと電荷を持ったイオン種のみを選択的にふるい分けて通すための仕組みであるフィルターを持つものと考えられています。この選択性はイオン自体の水和エネルギーとチャネル内結合部位との間の静電気的結合エネルギーの差によって決定されます。
 チャネルの開閉は確率論的に起こります。チャネル内には、その確率を制御するゲートが存在すると言われています。チャネルには3種類あり、そのゲートの種類によりまして、@電位作動性チャネル、Aリガンド作動性チャネル、Bメカノストレス作動性チャネルに分類されています。
 一般的にチャネルは透過量が大きいのが特徴でして、106個以上/秒の分子が運ばれています。種々の興奮にかかわるイオンチャネルに加えて、上皮輸送に働くナトリウム、カリウム、カルシウム、クロールチャンネルも最近明らかにされています。また、イオンではなく、水を透過させる水チャネル(アクアポリン)は、現在13種類が知られております。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ