→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成23年5月19日放送内容より スズケン

添付文書の中の副作用(27)電解質酸塩基平衡異常 その2


帝京大学名誉教授
清水 直容

icon 低ナトリウム血症について

低ナトリウム血症

 低ナトリウム血症の症状は急性の場合、慢性の場合で異なりますが、急性の場合の患者の訴えの進み方は、疲れる、頭が痛い、吐き気がする、嘔吐した、食欲が減少した、力が抜けたなどとなります。医薬品を使用してからこのようなことを患者が訴えた場合、血漿ナトリウム濃度値が135 mEq/L以下であれば低ナトリウム血症ということになります。ナトリウムが低くなると錯乱、けいれん、昏睡など行動の異常が見られたりします。
 病態としては、体内ナトリウム量が減少、または、逆に体内水分量の増加のいずれかです。
 医薬品を調べてみますと、副作用欄に1647品目、重大な副作用欄には647品目で、高ナトリウム血症よりはるかに多くの記載があります。例えばアミオダロン、アモキサピンの場合などには、SIADHという不適切なADH分泌症候群が併記されている例もあります。そのほか、マンニトールや抗腫瘍薬エンドキサンなど、%表記には相異がありますが、神経精神用剤オランザピン、抗ウイルス剤アシクロビル、プロトンポンプインヒビターのオメプラゾールなどにも記載があります。 鑑別診断には、Sheehan症候群、自己免疫性下垂体炎、下垂体腫瘍などがあります。

icon 高カリウム血症について

高カリウム血症

 カリウムはナトリウムの場合と異なり細胞内に存在しているものです。筋肉の中が一番多いのですが、赤血球にもありますので、採血してからその血清検査までが時間が経過していると、赤血球の中からカリウムが外へ出てしまったりしますので、検体の注意も必要です。
 症状としては消化器症状として悪心、下痢、嘔吐、腹痛、尿量の減少、力が抜けた、手足が重いなどですが、徴候としては神経、筋の刺激の亢進、あるいは低下があります。また血圧も低下することがあります。血清カリウム濃度の正常値は3.6-5mEq/Lで、高カリウムというのは5.5 mEq/L以上の場合とされています。そのほかに、血漿のレニン、アルドステロン、動脈血のガス分析を測定する、また心電図でもT波とかQRSなどに変化が見られます。
 医薬品ですが、副作用欄には1588品目、重大な副作用欄には1130品目あり、メタシンなどの非ステロイド系抗炎症薬、アンギオテンシンTの変換酵素阻害薬など、非常に多くあります。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ