→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成23年5月19日放送内容より スズケン

添付文書の中の副作用(27)電解質酸塩基平衡異常 その2


帝京大学名誉教授
清水 直容

icon 低カリウム血症について

低カリウム血症

 低カリウム血症の症状としては力が抜けた、食べ物がまずい、吐き気がする、口が渇く、などがあります。徴候としては神経過敏など神経性、あるいは筋の委縮などで、血清カリウム濃度3.5mEq/L以下とされています。 病態は細胞内へのカリウム移動(カリウムの負のバランス)です。医薬品の副作用欄には3347品目、重大な副作用欄には2371品目があります。

icon クロール血症について

高クロール血症

 時間の都合上、クロールについては、簡単にお話しますが、高クロール血症、低クロール血症ともに特有な症状、徴候などはありません。血清クロール値96-108 mEq/Lが正常値とされていますので、108 mEq/L以上または、96 mEq/L以下であるかで診断されます。
 医薬品の副作用欄には、高クロールについては59品目、低クロールについては143品目が記載されています。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3