→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成23年6月23日放送内容より スズケン

医薬品・医療機器等安全性情報 最近の話題(24)〜レナリドミド水和物の安全対策について−


NTT東日本関東病院 薬剤部長
折井 孝男

icon 副作用報告について(感染症)

感染症に関する副作用報告(死亡症例)

 感染症による死亡症例の原疾患の内訳は,多発性骨髄腫患者24例,骨髄異形成症候群患者2例,形質細胞性白血病1例でした。レナリドミド水和物使用患者の大半を占める多発性骨髄腫の特徴として,正常免疫グロブリンの低下や好中球減少により感染症リスクが高まることが広く知られています。そして、感染症は多発性骨髄腫患者の主要な死亡原因となっています。多発性骨髄腫患者における敗血症の発症率は年間一人あたり0.8回から1.4回との報告があります。それに加えて、多発性骨髄腫が悪化し,治療が必要な状態となった場合の感染症発現率は,多発性骨髄腫の病勢が安定している時期(プラトー期)と比較して4倍高くなるとの報告があります。そのため,レナリドミド水和物の投与対象となる患者はその原疾患のため既に易感染状態であり,感染により死亡する潜在的なリスクは高いと考えられます。また,レナリドミド水和物と併用する高用量のデキサメタゾンや,高齢・全身状態不良等の患者要因が加わることによって,感染により死亡するリスクは,更に高まると考えられます。
 感染症による死亡症例のうち,レナリドミド水和物と感染症による死亡との関連性が否定できないと評価された10症例についても,レナリドミド水和物以外の要因との関連性も否定できません。しかし,レナリドミド水和物投与後に発現した骨髄抑制が誘因となり感染症を発症した症例が認められる一方,骨髄抑制が発現していない場合でも,骨髄抑制を介さず,レナリドミド水和物が易感染性を増強する可能性も否定できないこと。また、添付文書の「警告」において,レナリドミド水和物の投与は血液悪性腫瘍に十分な知識・経験を有する医師のもとで行うことが注意喚起されています。そして、レナリドミド水和物を使用する専門家は,血液悪性腫瘍患者における感染症の管理が重要であることを十分理解していると考えるものの,感染症の管理を再度徹底する意義はあると考えることなどの理由から,レナリドミド水和物投与時の感染症の発症状況を医療従事者に情報提供するとともに,添付文書において感染症を追記し注意喚起し,感染症の管理を再度徹底することが適切であると考えられました。

icon 副作用報告について(肝機能障害)

肝機能障害に関する副作用報告(肝障害の重篤度グレード3)

 肝機能障害については、市販直後調査期間中に,肝機能障害に関する副作用報告が30例、うち,死亡1例が報告されました。そのうち肝障害の重篤度としてグレード3が14例,グレード1又は2が16例でした。
 肝障害の重篤度がグレード3である副作用報告を評価した結果では,抗菌薬や抗真菌薬等の併用薬が多く,レナリドミド水和物と肝機能障害との因果関係を評価することは困難であるものの,レナリドミド水和物との関連性が否定できない症例は多発性骨髄腫患者10例,形質細胞性白血病患者1例の11例が認められました。従って、レナリドミド水和物投与時の肝機能障害の発現状況を医療従事者に情報提供するとともに,添付文書において肝機能障害,黄疸を追記し注意喚起することが適切であると考えられました。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ