→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成23年8月25日放送内容より スズケン

添付文書の中の副作用(28)電解質酸塩基平衡異常 その3


帝京大学名誉教授
清水 直容

icon マグネシウム血症について

尿中Mg減少と増加

 マグネシウムは溶液中で解離してイオンとなる物質の電解質2価の陽イオンです。
 症状は、これも消化器症状があります。

Mg欠乏の症候

 徴候も、本日申し上げた他のものと似たようなものですが、基準値は1.4r/dLから2.6r/dLです。
 医薬品の副作用欄には161品目、重大な欄には38品目がありますが、製剤にはマグネシウム含有の品目が多く、マグネシウム含有製酸剤、緩下剤、マグネシウム含有注射薬などですが、例えばアムホテリシンにも記載があります。酸化マグネシウム投与の便秘患者25人で5人が高マグネシウム血症となったというのが最近の日本臨床内科医会雑誌の論文にあります。低マグネシウムも消化器症状と心筋症状が多いのですが、検査値は1.5r/dL以下です。
 医薬品では、副作用欄に477品目、重大な欄には30品目あり、例えば真菌感染治療薬のアムホテリシンでは10%以上と記載があります。また、免疫抑制薬シクロスポリンではマグネシウム再吸収低下によると記載されています。

icon まとめ

 以上、簡単なまとめですが、医薬品を使用して消化器症状、循環器症状、脳神経症状があらわれたら、これらの電解質を調べることが重要であろうと思います。
 また、カルシウムについてはアルブミンとの結合を考え、補正カルシウム値が、すなわちイオン化カルシウム値であり重要です。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3