→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成23年11月17日放送内容より スズケン

新薬の薬価算定根拠(36)


日本大学薬学部薬事管理学 教授
白神 誠

icon ハラヴェン静注

 有効成分は、エリブリンメシル酸塩でエーザイの開発です。エリブリンメシル酸塩は、チューブリン重合阻害を介した微小管機能阻害作用を有し、「手術不能又は再発乳癌」を効能・効果とします。同一の適応を有するカペシタビンとは、臨床的位置づけや投与経路が異なるなど、総合的に、類似の効能・効果、薬理作用等を持つ類似薬はないと判断され、薬価算定は、原価計算方式で行われました。タキサン系抗悪性腫瘍剤等の既存化学治療に耐性を示した進行又は再発乳癌患者に対する標準療法がない中、本剤は、国際共同臨床試験において、既存の治療法に対して、単剤で全生存期間の有意な延長が認められましたが、国内における臨床試験成績は限られているため、限定的な評価とされ、営業利益率は平均的な営業利益率に40%プラスした26.9%とされました。


icon スープレン吸入麻酔液

 有効成分は、デスフルランでバクスターの開発です。デスフルランは、上行性網様体賦活系抑制作用を有し、「全身麻酔の維持」を効能・効果とします。薬価算定は、効能効果、薬理作用などが類似するセボフルランの製剤である丸石製薬のセボフレン吸入麻酔液を比較対照薬に類似薬効比較方式Tで行われました。本剤の薬効分類(全身麻酔剤)は、市場規模の小さいものに該当することから、市場性加算U、加算率5%が適用されました。


icon ノルスパンテープ

 有効成分は、ブプレノルフィンでムンディファーマの開発です。ブプレノルフィンは鎮痛作用を有し、「非オピオイド鎮痛剤で治療困難な変形性関節症及び腰痛症に伴う慢性疼痛における鎮痛」を効能・効果とします。薬価算定は、薬理作用などが類似するコデインリン酸塩の製剤であるマイラン製薬のリン酸コデイン錠を比較対照薬に類似薬効比較方式Tで行われました。


icon イクセロンパッチ及びリバスタッチパッチ

 有効成分は、リバスチグミンで、イクセロンパッチはノバルティスファーマ、リバスタッチパッチは小野薬品の開発です。リバスチグミンは、アセチルコリンエステラーゼ阻害作用を有し、「軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制」を効能効果とします。薬価算定は、効能・効果、薬理作用などが類似するドネぺジル塩酸塩の製剤であるエーザイのアリセプト錠を比較対照薬に類似薬効比較方式Tで行われました。

以上の12成分31品目は、平成23年7月13日の中医協総会で承認され、7月19日に薬価基準に収載されました。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3