→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成23年11月24日放送内容より スズケン

添付文書の中の副作用(29)電解質酸塩基平衡異常 その4


帝京大学名誉教授
清水 直容

icon アシドーシス

 それでは、アシドーシスのほうに移らせていただきます。

アシドーシス

 医薬品を服用後の症状として、頭が痛い、はきけがする、どきどきする、尿が少ない、骨が痛い、息が弾む、アセトンのにおいがするなどを言われたときには、アシドーシスである可能性があります。外見としては眼底うっ血乳頭、不整脈、その不整脈にも頻脈がある、クスマール呼吸(呼吸の促進と換気)などの症状を確認します。
 検査は基準値の7.45以下であれば、アシドーシスと、それだけで診断が可能です。
 病態などについては、省略しますが、医薬品を先ほどと同様に検索をすると、アシドーシスが副作用として書かれているのは、商品名で848品目、一般名で99品目あります。 例としては、アドレナリンの局所麻酔剤には悪性高血圧の記載の中にアシドーシスと書かれています。
 ビグアナイド系血糖降下剤:メトホルミン塩酸塩には、重大な副作用欄に乳酸アシドーシスと書かれており、予後不良のことが多いなどと書かれています。
 冠動脈拡張剤:ニトログリセリンには、その他の項目に代謝性アシドーシスと書かれています。
 また、よく使われている、総合感冒剤:PLの、その他という項目の中に代謝性アシドーシスと記載があります。
 また、アスピリンはご存じのサルチル酸系の解熱鎮痛の抗血小板剤ですが、その他の副作用欄に代謝性アシドーシスと書かれています。また、プロストグランジンE1誘導体では、その他の欄にアシドーシスと書かれています。
 また、医薬品名としてはスピロノラクトン(抗アルドステロン性降圧利尿剤)の重大な副作用欄の電解質異常の部分に、代謝性アシドーシスと書かれています。
 ホルモンでは、ヒト成長ホルモン:ソマトロピンの中にもアシドーシスと記載があります。
 このようにアルカローシス、アシドーシスは、多くの記載されているものがありますが、重篤な副作用は少ないと考えられます。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3