→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成23年12月15日放送内容より スズケン

医薬品・医療機器等安全性情報−最近の話題(26)緊急安全性情報等の提供に関する指針


NTT東日本関東病院 薬剤部長
折井 孝男

icon 安全対策の一層の向上に向けて

医薬品・医療機器の安全対策について

 医薬関係者へのお願いとしては、医薬品・医療機器の安全対策において、「緊急安全性情報」及び「安全性速報」は、特に重要な安全性情報を緊急、迅速に伝達するための重要な情報媒体です。医療機関や薬局等においては、これらによる情報提供があった場合には、内容を速やかに把握し、施設内の医薬関係者の間での迅速な情報共有を図ることが医薬品の適正な使用のためには必要となります。
 提供の方法で述べたように、「緊急安全性情報」や「安全性速報」は、PMDAの運用するPMDAメディナビにより登録者に対して直ちに電子メールで配信されることとなっています。これが最も早い情報伝達手段となるものです。 PMDAメディナビについては、使用上の注意の改訂情報や、医薬品・医療機器のクラスTとなる回収、これは重篤な健康被害又は死亡の原因となり得る製品の回収を示します。そして、医療安全に関する情報等についても迅速に配信しています。医療機関、薬局等でのPMDAメディナビへの登録が少しずつ進んではいるものの、未だ登録者のいない医療機関等も多くみられるようです。そのため、「緊急安全性情報」、「安全性速報」をより迅速かつ確実に入手して、必要な安全対策を速やかに考え巡らせるため、登録者のいない医療機関、薬局等においては、早急にPMDAメディナビに登録されることをお薦めします。このPMDAメディナビは無料です。また、PMDAメディナビの追加機能として、平成23年6月より、「マイ医薬品集作成サービス」が提供されています。医療機関、薬局等での採用医薬品など関心のある医薬品を登録することで、それら登録医薬品の最新の添付文書、インタビューフォームをはじめ、緊急安全性情報の出た情報等の関連する情報を常に一覧で確認できるサービスです。PMDAメディナビに登録されること、これらのサービスを活用することで、医薬品・医療機器の安全対策の一層の向上に協力していくことが大切です。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3