→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成24年2月23日放送内容より スズケン

添付文書の中の副作用(30) 腎盂腎炎と急性腎不全


帝京大学名誉教授
清水 直容

icon トラマドール塩酸塩・アセトアミノフェン

 慢性疼痛、抜歯後疼痛治療剤(114)で、110代は中枢神経系用剤です。
 その他の副作用欄の感染症及び寄生虫症の項目に、頻度として1%未満として腎盂腎炎が書かれています。


icon ミリプラチン水和物

 これは肝細胞がんの治療剤(429)です。それから799と書いてあります。420は既に触れましたが、790代はその他の治療を目的としない医薬品です。
 重大な副作用欄に、急性腎不全、頻度は不明とありますが、急性腎不全等の重篤な腎障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、BUN、血清クレアチニン等の異常が認められた場合には適切な処置を行うとあり、またその他の副作用欄には、感染症のところですが、10%未満の頻度のところに腎盂腎炎が書かれています。


icon アバタセプト(遺伝子組み換え)

 T細胞選択的共刺激調節剤(399)で、390代というのはその他の代謝性医薬品で、重大な副作用に次のような記載があります。
 重篤な感染症の中に、急性腎盂腎炎等の重篤な感染症があらわれることがあるので、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には中止等の適切な処置を行うべきと記載があります。

 以上、9医薬品について事例として腎盂腎炎を述べましたが、急性腎不全の記載の例もありました。その場合には、症状として尿量が少なくなった、尿が出ない、むくみなどでして、病態としては腎前性血圧低下などの腎への血流低下、腎性、これは腎臓内血管閉塞、腎細胞障害であり、腎後性としては尿道閉塞ですが、効能・効果分類番号では中枢神経系、抗性物質製剤が品目数としては多いのですが、一例だけですが、乾燥BCG膀胱内用、抗悪性腫瘍剤(639)です。630代は生物学的製剤です。
 その副作用欄に腎不全、腎不全等の重篤な腎障害があらわれることがあるのでといった記載があります。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3