→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成24年4月5日放送内容より スズケン

直接作用型]a因子阻害経口抗凝固薬 リバーロキサバン


東海大学内科学系教授
後藤 信哉

 本日は、新規経口抗凝固薬リバーロキサバンの話題について、お話したいと思います。

icon 経口抗凝固薬 ワルファリン

経口抗凝固薬 ワルファリン

 経口抗凝固薬としては、長らくワルファリンが唯一の選択肢でした。ワルファリンは非常に強力な抗凝固薬ですが、きき過ぎた場合の出血性合併症も重篤になってしまうため、PT-INRを使って効果をモニタリングする必要がありました。一部ではありますが、ワルファリンを使ってPT-INRのコントロールが非常に難しい患者もいらっしゃいました。PT-INRが安定してコントロールできている患者であっても、例えば、関東の人ですと、納豆を食べられないといった食品上の問題もありました。我々が知らない間に他の薬を使用すると、他の薬との相互作用により薬効が大きく変動してしまうという問題もありました。
 ワルファリンは、我々が長らく経験を有する非常に有効かつ安全な薬剤ではあるのですが、若干の問題点があります。その問題点克服のために開発された薬剤が新規の経口抗凝固薬です。本日お話しするリバーロキサバンもその新規経口抗凝固薬の一つです。

 

提供 : 株式会社スズケン



1 2 3 次項へ