→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成24年5月3日放送内容より スズケン

キャンディン系抗真菌薬 カスポファンギン酢酸塩


昭和大学臨床感染症学教授
二木 芳人

icon アスペルギルス症に対するエビデンス

侵襲性アスペルギルス症に対する豊富なエビデンスカスポファンギン単独投与の主な臨床試験成績

 アスペルギルス感染症に対しても本剤の有効性を示唆するエビデンスは数多くあり、侵襲性アスペルギルス症ではアムホテリシンB製剤やボリコナゾ―ルと同等の効果とより優れた安全性が期待できるようです。また、併用療法の基軸としてもカスポファンジンは最も高い評価が得られており、アムホテリシンB製剤やボリコナゾ―ルなどとの重症、難治例での併用効果が期待できます。

アスペルギルス症に対する総合効果

 慢性の肺アスペルギルス症での成績は限られていますが、我が国で実施されたミカファンギンとの比較試験で、やはり1日150mgのミカファンギン投与群と1日50mgのカスポファンジン治療群は、慢性壊死性肺アスペルギルス症にほぼ同等の効果と安全性を示しました。以上の結果を総括しますと、カスポファンジンは、70mgのローディング投与に続く1日1回50mgの投与量で、ミカファンジンのより高容量投与と同等の効果と優れた安全性が各種カンジダ、アスペルギルス感染症で期待でき、重症例では他の抗真菌薬との併用も問題なく試みることができるものであると考えられます。

IDSAによる侵襲性カンジダ症の治療ガイドライン

 無論国内での臨床使用はこれから幅広く行われることとなりますので、改めてその評価を行うことも必要と思いますが、多くのすぐれたエビデンスに支えられ、欧米各国のガイドラインでも高いレベルで推奨されているカスポファンジンが、我が国の臨床現場で、使用できるようになることは大変意義深いことと考えています。

icon おわりに

 最近、慢性の肺アスペルギルス感染症を中心に、イトラコナゾ―ルやボリコナゾ―ルなどのアゾ―ル系抗真菌薬に耐性を示すアスペルギルス属真菌の増加が報告されています。その様な状況で、アゾ―ル系薬以外の治療の選択肢としてキャンディン系薬は注目されてもいます。他方、その有効性と安全性からキャンディン系抗菌薬はやや頻用傾向も見受けられます。キャンディン系薬といえども将来耐性化の問題は避けては通れないものと考えられます。的確な診断と状況把握、患者状態や感染病態に応じた適切な薬剤の選択、そして適切な投与法の実践が、今後より重要性を増してくるものと考えられ、臨床医や薬剤部の先生方のより一層のご健闘とご努力をお願いしたいと存じます。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3