→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成24年6月07日放送内容より スズケン

DI実例集(174)薬剤師による疑義照会後の処方変更およびDo処方の入力プロトコル―


旭川医科大学病院薬剤部副薬剤部長
粟屋 敏雄

icon 薬剤師による疑義照会後の処方変更入力

疑義照会後の処方変更入力

 薬剤師による「Do処方等入力」に関する医師の指示記録ですが、まず、処方入力を行える薬剤師を病棟常駐薬剤師と限定した上で、コメント欄に指示がある場合や医師による入院患者の処方入力の際に、コメント欄に「薬剤師によるDo処方入力可」、こちらはプルダウンメニューでの選択を可能としました。この場合、指示書は必要とせず、薬剤師は患者の経過観察を行った上で、問題がなければ処方を行います。

Do処方等入力指示書

 薬剤師は指示書にDo処方を行う処方内容を明記します。指示書には担当薬剤師名、日付、Do処方内容、条件を明記した上で、担当医師のサイン、必要に応じてコメントの記載を依頼します。病棟看護師は、医師の予測指示により病棟常備薬剤を使用する際において、薬剤師により記録された指示書の許可常備薬を確認した上で施用を行い、その記録を病棟薬剤師へ渡します。病棟薬剤師はこれをもとに、使用した常備薬の事後入力を行い、担当医師に確認のサインを依頼します。指示書は最終的に診療録に統合します。

Do処方等入力指示書

 薬剤師が、許可された常備薬を使用した場合の事後入力を行う場合ですが、薬剤師は医師と協議し、使用可能な常備薬を患者ごとの指示書に明記します。薬剤師は指示書に基づき、使用した常備薬の事後入力を行い、担当医師にサインを依頼します。この指示書も最終的に診療録に統合します。
 薬剤師が持参薬の処方入力を行う場合です。

Do処方等入力指示書

 薬剤師は、持参薬の継続投与に不足が生じる場合、指示書に処方内容を記録し、医師に提示します。医師は、必要であると認めた場合にサインを行います。この指示書も最終的に診療録に統合します。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ