→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成24年8月9日放送内容より スズケン

DI実例集(175)弘前大学病院におけるDI活動の実際


弘前大学病院薬剤部医薬品情報主任
野呂 秀紀

icon 問い合わせ情報への対応

問い合わせ情報への対応

 問い合わせ情報の中には以前と同じような質問もある場合もありますので、知りたい医薬品情報があればまずその語彙をエクセルの検索機能に入力して検索し、過去にそれらの質問に対応した薬剤師が特定できれば、それだけもかなりの医薬品情報収集の業務軽減になると思います。
 事例ですが、ICUの看護師からの問い合わせで、「添付文書に使用する薬剤は遮光と記載されているが、輸液の投与時に関しての施行にあたっては薬剤の管理の方法はこれでいいのか」や「ICUではガベキサートの注射剤は従来どおりの希釈の方法をしているが、本当にこれでいいのか」などの問い合わせであります。質問内容を直接エクセルの問い合わせ事例として入力し、その場で答えられないものは、インタビューフィーム(IF)や資料を参考にしたり、または製薬企業の医薬品情報担当者に直接問い合わせてみて、後日回答し、その内容をエクセル内に入力することもあります。資料情報は必要とあれば、FAXなどで送付してもらい、PDFファイルとして作成し、それも回答欄の横に添付する場合もあります。これらを他の部員が閲覧し、さらに指導すべき事項が指摘されることもあります。特に注射剤投与にあたっては病棟での複雑な施行実態もあり、我々薬剤師にとっては見えにくい部分が、はっきりしてくることもあります。こういったケースでは、DI担当者にとっては逆に勉強になることもあります。エクセル機能のハイパーリンク機能の他に、入力にあたっては、DI担当者を始め、他の入力者の簡便性を計るためにこの画面ではVBAプログラムにて行の挿入、また入力後、保存かつ終了というボタン機能をつくり、それらを使用することで薬剤部員の入力にあたって簡単な形式と致しました。

icon 注射剤の配合変化情報について

注射剤の配合変化情報について

 注射剤の配合変化情報は、病棟からDI室への問い合わせ情報としては多いものです。当院採用の注射剤の配合変化の情報を、書籍や各製薬会社からの情報をもとにエクセル内のコメント機能などを活用して変化内容情報を入力しています。この注射の配合変化情報は医療情報部に依頼して院内看護師のいる各病棟のデスクトップ画面からでも閲覧が可能となっています。

ヒヤリ・ハット

 薬剤部内にて調剤室、注射室での通常の業務の監査などで知りえたヒアリハット情報,外来窓口からの患者からのさまざまな問い合わせの記録内容も月毎に更新し、過去記載事項も含めて各自のパソコンから閲覧を可能とし、情報の共有化を計っています。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ