→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成24年8月9日放送内容より スズケン

DI実例集(175)弘前大学病院におけるDI活動の実際


弘前大学病院薬剤部医薬品情報主任
野呂 秀紀

icon 閲覧しやすい環境作り

 これら日々更新される医薬品情報の閲覧率の上昇アップをはかるべく、医薬品情報室では部内の毎週のミーティング記録、薬剤部内の行事日程、製薬企業の研修会案内などの日程カレンダーの更新、部内での勉強会などの参加者名簿の記録などを行って、薬剤師部員が日常業務をする上で活動しやすいような環境作りに勤めてもいます。
 これらの他に薬剤部DI室では、MR持参の薬剤情報を毎週1回のミーティングで解説、週一回各部員のメールアドレス宛てに更新当院採用医薬品情報の配信なども行っています。本薬剤部では添付文書、添付文書集は保管や更新はしてはおりませんが、全採用薬品のIFは紙媒体での収集保管のほかに、電子媒体のPDFファイルでも閲覧できるようになっています。隔月ごと発行のドラッグインフォメーション誌は、各部員も参加しての作製となっております。本院薬剤部では、人員不足から入院患者の持参薬の確認は、病棟担当者がメインに行っていますが効率的な業務への移行がこれからの課題です。

icon 患者のための医薬品情報

 医薬品情報は大切なものではありますが、薬剤師にとっては企業などからの一方的な過剰な情報となり、我々薬剤師が目指す「患者のため」への情報となっているか時に疑問であることもあります。情報のオーバーフローであったり、自己満足で終わってはいけないと考えられます。このため、過剰な医薬品情報パンフレットなどは整理しないで破棄しております。各施設での効率のいい、部員が消化不良とならないような情報伝達方法も医薬品情報担当者は心がける必要があると思います。ここでは当薬剤部でのエクセルを用いたDI伝達の現状をお知らせ致しましたが、ご参考になれば幸いです。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3