→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成24年11月22日放送内容より スズケン

新薬の薬価算定根拠(40)


日本大学薬学部薬事管理学 教授
白神 誠

icon インライタ錠

 有効成分はアキシチニブで、ファイザーの開発です。アキシチニブは、腫瘍細胞増殖抑制作用、VEGFR阻害による血管新生抑制作用を持ち、「根治切除不能又は転移性の腎細胞癌」を効能・効果とします。薬価算定については、効能・効果、薬理作用、用法などが類似するソラフェニブトシル酸塩の製剤であるバイエル薬品のネクサバール錠を比較対照薬に類似薬効比較方式Tで行われました。


icon ゴナックス皮下注用

 有効成分はデガレリクス酢酸塩で、アステラス製薬の開発です。デガレリクス酢酸塩は、抗アンドロゲン作用を有し、「前立腺癌」を効能・効果とします。薬価算定については、効能・効果、薬理作用、用法などが類似するゴセレリン酢酸塩の製剤であるアストラゼネカのゾラデックスLA10.8rデポを比較対照薬に類似薬効比較方式Tで行われました。


icon オーキシスタービュヘイラー

 有効成分はホルモテロールフマル酸塩水和物で、アストラゼネカの開発です。ホルモテロールフマル酸塩水和物は、持続型の選択性β2受容体刺激作用を有し、「慢性気管支炎、肺気腫等の慢性閉塞性肺疾患の気道閉塞性障害に基づく諸症状の緩解」を効能・効果とします。薬価算定については、本剤が補正加算の要件に該当せず、薬理作用が類似する薬剤がすでに3つ薬価基準に収載されていることから、類似薬効比較方式Uで行われました。具体的には、もっとも低い値であった過去15年間の薬理作用類似薬の平均1日薬価と合わせることとされました。なお、本製剤はキット製剤であるので、キット特徴部分の原材料費が加えられています。

以上の6成分10品目は、8月22日の中医協総会で承認され、8月28日に薬価基準に収載されました。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ