→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成24年11月29日放送内容より スズケン

添付文書の中の副作用(33) 尿閉、排尿困難、出血性膀胱炎


帝京大学名誉教授
清水 直容

icon 尿閉の記載がある医薬品

 添付文書の副作用欄に尿閉の記載のある医薬品を検索によって、事例を申し上げますが、症状があった場合には添付文書をお読みいただきたいと思います。
 普通の風邪薬でありますPL総合感冒剤のその他の副作用欄で5%以上、または頻度不明ですが尿閉が記載されています。
 第2番目の例として、アシクロビル(抗ウイルス剤)の、その他の副作用の欄に、次のような症状があらわれることがあるので、異常が認められた場合には減量または中止するなど、適切な処置を行うとの記載があります。この医薬品は腎臓欄に乏尿とあり尿閉とは異なりますが、訴えは類似ですのでご参考にしていただきたいと思います。第3番目に、ゾビラックス(顆粒、錠、点滴静注用、クリーム、眼軟膏などいろいろあります)の腎臓の欄には乏尿、泌尿器の欄には尿閉とあります。
 第4番目に、ミルナシプラン(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)には、泌尿器の欄に排尿障害とあります。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ