→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成24年12月6日放送内容より スズケン

5価経口弱毒生ロタウイルスワクチン


川崎医科大学小児科学教授
中野 貴司

icon 新しいロタウイルスワクチンの開発

 このように、脱水やその他の合併症を併発し、子どもや家族にとって大きな負担となるロタウイルスですが、予防のためのワクチンが近年登場しました。ロタウイルスワクチンは、弱毒化された生のウイルスを経口的に投与することにより、自然感染に類似した免疫を誘導し、疾患に対する防御効果を期待するものです。ロタウイルス感染症は、年少児に起こる生後初めての感染において、症状が最も重症とされています。複数回反復して感染することも多い病原体ですが、2回目は初回より、3回目は2回目よりも軽症化するのがロタウイルス感染症の特徴です。ロタウイルスのワクチンは、この理論に基づいて開発された予防のための手段です。

ロタウイルスワクチン

 世界で、そして日本で、2種類のロタウイルスワクチンが使われています。ひとつはヒト弱毒化株の単価ワクチン(商品名:ロタリックス内用液)です。日本では昨年(2011年)11月から使われています。もうひとつはヒトロタウイルスとウシロタウイルスの弱毒化再集合体ウイルスを5種類含む5価ワクチン(商品名:ロタテック内用液)です。こちらは、本年(2012年)7月から使われるようになりました。本日は、この5価経口弱毒生ロタウイルスワクチンについて解説します。
 ロタウイルスは、G血清型(VP7)とP血清型(VP4)の異なる組合せにより、多くの種類の株が存在しますが、世界的に流行頻度が高いのはG1P[8]、G2P[4] 、G3P[8]、 G4P[8]、 G9P[8]の5種類です。これら5種類のタイプのロタウイルスで、ヒトのロタウイルス胃腸炎の約9割をカバーします。5価ロタウイルスワクチンは、これら流行頻度の高い5種類の弱毒ウイルス株を成分として含有し、幅広くロタウイルス胃腸炎を予防するワクチンです。
 また、前にも述べたように、ヒトはロタウイルスには複数回反復して感染します。反復感染するたびに一般に症状は軽くなってゆきますが、再感染の場合は初回感染とは異なるウイルス株が原因であることが多いとされます。自然感染を繰り返して免疫を獲得することにヒントを得て、5価ロタウイルスワクチンは複数のタイプの弱毒株で3回の接種を行うことにより、良好な免疫を獲得することをコンセプトとしています。
 国内第V相臨床試験は、生後6~12週の健康乳児を登録して行われました。無作為に2群に分け、5価ロタウイルスワクチン群またはプラセボ群とし、28日以上の間隔をおいて3回経口接種しました。ワクチン関連血清型に起因する重症度を問わないロタウイルス胃腸炎の発症は、5価ワクチン群が355例中7例だったのに対して、プラセボ群は356例中27例でした。本結果から、5価ワクチンによるロタウイルス胃腸炎の予防効果すなわち有効率は74.5%と計算されました。

ロタウイルス胃腸炎に対する予防効果

 下痢や嘔吐などの症状をスコア化して、重症のロタウイルス胃腸炎に対する予防効果を検討すると、5価ワクチン群からは発症が無かったのに対して、プラセボ群では10例に見られ、5価ワクチンの有効率は100%でした。海外における多数例に対するプラセボ対照試験でも、重症度を問わないロタウイルス胃腸炎を74.0%、重症ロタウイルス胃腸炎を98.0%予防したという結果が得られています。

5価ロタウイルスワクチンの長期予防効果

 また、5つの血清型ごとに解析しても、すべてのタイプに対して高い有効率が得られました。
 国内臨床試験で接種後14日間に認められた副反応は380例中55例(14.5%)で、主なものは下痢(5.5%)、嘔吐(4.2%)、発熱(1.3%)などでした。これらの程度は軽症から中等症で、いずれも回復・軽快しました。乳児に対して、安全に接種できるワクチンと考えられます。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3 次項へ