→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成25年2月21日放送内容より スズケン

新薬の薬価算定根拠(41)


日本大学薬学部薬事管理学 教授
白神 誠

前回の放送以降薬価基準に収載された新医薬品の薬価算定根拠について説明します。


icon ディアコミットドライシロップとカプセル

 有効成分は、スチリペントールで、Meiji Seika ファルマの開発です。スチリペントールは、GABA取り込み阻害作用を有し、本剤は、「クロバザム及びバルプロ酸ナトリウムで十分な効果が認められないDravet(ドラベ)症候群患者における間代発作又は強直間代発作に対するクロバザム及びバルプロ酸ナトリウムとの併用療法」を効能・効果とします。既存の抗てんかん剤とは、臨床的位置づけや薬理作用が異なるなど、総合的にみて、類似の効能・効果、薬理作用等を持つ薬剤はないと判断され、薬価算定については原価計算方式により行われました。営業利益率については、平均的な営業利益率19.1%が適用されました。


icon アイミクス配合錠

 有効成分は、イルベサルタンとアムロジピンベシル酸塩の配合剤で、大日本住友製薬の開発です。イルベサルタンはアンジオテンシンU受容体拮抗作用をまたアムロジピンベシル酸塩は、カルシウムチャネル遮断作用を有し、本剤は、「高血圧症」を効能・効果とします。薬価算定については、新医療用配合剤の特例により、自社品の薬価の合計の0.8倍により行われました。

icon ロトリガ粒状カプセル

 有効成分は、オメガ-3脂肪酸エチルで、武田薬品工業の開発です。オメガ-3脂肪酸エチルは、コレステロール低下作用及びトリグリセリド低下作用を有し、本剤は、「高脂血症」を効能・効果とします。薬価算定については、効能・効果、薬理作用等が類似するイコサペント酸エチルの製剤である、持田製薬のエパデールSを比較対照薬に、類似薬効比較方式Tにより行われました。

icon アミティーザカプセル

 有効成分は、ルビプロストンで、スキャンポファーマの開発です。ルビプロストンは、腸液分泌促進作用を有し、本剤は、「器質的疾患による便秘を除く、慢性便秘症」を効能・効果とします。既存の下剤、浣腸剤とは、臨床的位置づけや薬理作用が異なるなど、総合的にみて、類似の効能・効果、薬理作用等を持つ薬剤はないと判断され、薬価算定については原価計算方式により行われました。営業利益率については、平均的な営業利益率19.1%が適用されました。

icon スイニー錠

 有効成分は、アナグリプチンで、三和化学研究所の開発です。アナグリプチンは、ジペプチジルペプチダーゼ-4(DDP-4)阻害作用を有し、本剤は、「食事療法、運動療法のみ、食事療法、運動療法に加えてα-グルコシダーゼ阻害剤を使用、食事療法、運動療法に加えてビグアナイド系薬剤を使用、食事療法、運動療法に加えてスルホニルウレア系薬剤を使用、食事療法、運動療法に加えてチアゾリジン系薬剤を使用のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合の2型糖尿病」を効能・効果とします。薬価算定については、薬理作用が同一で、効能・効果等が類似する、シタグリプチンリン酸塩水和物の製剤であるMSDのジャヌビア錠及び小野薬品工業のグラクティブ錠を比較対照薬に、類似薬効比較方式Tにより行われました。なお、本剤の1日薬価は、臨床現場における使用実態の調査結果を基に算出されています。

icon ブフェニール錠及び顆粒

 有効成分は、フェニル酪酸ナトリウムで、シミックホールディングスの開発で、オーファンパシフィックが承継したものです。フェニル酪酸ナトリウムは、血中アンモニア濃度調整作用を有し、本剤は、「尿素サイクル異常症」を効能・効果とします。本剤と同一の効能・効果を有する既収載品はなく、本剤の対象疾患に適応を有する既収載品とは薬理作用、化学構造等が異なることから、総合的にみて、類似の効能・効果、薬理作用等を有する薬剤はないと判断され、薬価算定については原価計算方式により行われました。営業利益率については、平均的な営業利益率19.1%が適用されました。

 

提供 : 株式会社スズケン



1 2 3 次項へ