→ 番組表はこちら
→ストリーミング版はこちら
<スズケンDIアワー> 平成25年3月21日放送内容より スズケン

持効型インスリンアナログ製剤 インスリン デグルデク(遺伝子組換え)


川崎医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科教授
加来 浩平

icon まとめ

 インスリンデグルデク(トレシーバR)がもたらすインスリン療法の新たな可能性

 これまでの、試験結果から、インスリンデグルデクの特徴をまとめますと、(1)1日1回投与により、24時間以上にわたり平坦かつ安定な薬物動態プロファイルが得られること、(2)既存持効型インスリンアナログ製剤であるインスリングラルギンとの比較において、血糖改善効果を同等にした場合には、低血糖特に夜間の低血糖発現リスクの有意な減少が見込めること、があげられます。これらの成績は、実臨床において安全性に勝るインスリンデグルデクがより優れた臨床効果を示しうることを示唆するものといえます。更に、より高いQOLスコアが得られたことも、インスリンデグルデクの製剤としての優位性を示していると思われます。近い将来、実臨床において理想的な基礎補充インスリンとして、インスリンデグルデクの至適投与レジメンが確立され、広く臨床応用がなされるものと期待されます。

 

提供 : 株式会社スズケン



前項へ 1 2 3