シリーズ重篤副作用疾患別対応マニュアル(18)急性腎不全 [薬学の時間]
2010/08/06(金) 20:54

薬学の時間
2010年7月20日放送分
シリーズ重篤副作用疾患別対応マニュアル(18)急性腎不全
順天堂大学医学部教授
富野 康日己

 本日は,「薬学の時間」シリーズ重篤副作用疾患別対応マニュアルの一つとして、「急性腎不全」について、お話し致します。
 まず、第1に、急性腎不全の定義と分類について、解説いたします。急性腎不全とは、何らかの原因によって急激に腎機能が低下し、その結果血中尿素窒素(BUN)が高値を示す高窒素血症や血清クレアチニンの上昇をきたし、水・電解質や酸・塩基平衡などの生体の恒常性、つまり、ホメオスターシスが保てなくなった状態をいいます。通常は、可逆性で元に戻りますが、時には慢性腎不全に移行することがあります。