学薬アワー「薬物乱用防止教室の連携について」 [薬学の時間]
2009/12/29(火) 00:00

薬学の時間
2009年12月29日放送分
学薬アワー「薬物乱用防止教室の連携について」
岩手県薬剤師会くすりの情報センター課長補佐
髙橋 菜穂子

 近年、大相撲の力士や有名大学の学生、教職員、公務員、有名タレントなどの薬物乱用事件が大きく報道され、薬物が年齢や職業を問わず一般市民の間に広がってきていることを痛感させられました。
 わが国における薬物事犯は、その約8割が覚せい剤によるものです。1997年(平成9年)をピークとする「第三次覚せい剤乱用期」は、いまだに終息していない状況にあります。2008年(平成20年)の統計によれば、薬物事犯の検挙者数は14,000人台、このうち覚せい剤事犯が約11,000人台です。前年に比べて検挙数こそ多少減少しているものの、押収量は前年を上回っており、依然深刻な状況が続いています。


大麻について [薬学の時間]
2009/10/13(火) 00:00

薬学の時間
2009年10月13日放送分
「大麻について」
九州保健福祉大学薬学部教授
山本 郁男

 みなさん、今晩は。九州保健福祉大学薬学部の山本郁男と申します。
 今日は、現在、覚せい剤とともに二大乱用薬物といわれている「大麻」、主にその毒性を中心にお話しします。
 周知のように大麻は、「大麻取締法」という法律によって厳重にその使用が禁じられています。にもかかわらず、大麻乱用は増加の一途をたどり、大きな社会問題ともなっています。この薬物乱用防止は、薬剤師の大きな仕事でもあります。薬物乱用とは医薬品を医療目的ではなく、別の用途で用いたり、不正に使用することをいいます。


学薬アワー「喫煙防止教育について」 [薬学の時間]
2009/02/19(木) 00:00

薬学の時間
2009年2月19日放送分
学薬アワー「喫煙防止教育について」
日本学校薬剤師会常務理事
篠原 幸雄

禁煙をめぐる世界の動き
 現在、タバコ及び喫煙は全世界が取り組むべき重要な健康問題となっています。日本薬剤師会では2003年『禁煙運動宣言』を出し、禁煙運動の推進と受動喫煙の防止に取り組んでいます。この宣言では国民の禁煙支援に積極的に取り組む、特に未成年者への禁煙啓発活動を行う事が謳われています。青少年の喫煙は、若者自身の健康を害すると共に、将来の生活習慣病の原因にもなります。タバコは麻薬・覚せい剤などへの入門薬・ゲートウエイドラッグとなるとも言われていますので、喫煙防止教育は薬物乱用防止活動にもつながるという点で非常に大切です。学校においては、学校薬剤師が薬物乱用防止教育と共に喫煙防止教育にも積極的に取り組んでいます。


学薬アワー「学校薬剤師の地域活動について」 [薬学の時間]
2009/01/22(木) 00:00

薬学の時間
2009年1月22日放送分
学薬アワー「学校薬剤師の地域活動について」
日本学校薬剤師会 副会長
中野 信利

はじめに
 昨年は、日本人でノーベル物理学賞が三人とノーベル化学賞が一人、あわせて、四名のかたが受賞されました。その中でわれわれ薬剤師にとって身近に感じられる下村 脩先生が、ノーベル化学賞を受賞されました。先生は、薬学のカリュラムを終えた後、蛍光蛋白質を研究して、アメリカでおわんくらげから緑色蛍光蛋白質、GFPを発見しました。現在、このGFPは、世界中の多くの研究者によって応用され、利用されています。特に癌を研究するうえで必要な蛍光体として重宝されております。


厚生労働省アワー「違法ドラッグ制度について②」 [薬学の時間]
2007/05/24(木) 00:00

薬学の時間
2007年5月24日放送
厚生労働省アワー「違法ドラッグ制度について②」
厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課
小川 善之

「指定薬物」と「医療等の用途」について
 厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課の小川と申します。4月24日に引き続き、今日も「違法ドラッグ制度について」というテーマのもと、違法ドラッグ対策の一環として本年4月1日に施行された指定薬物の取り締まりに関する制度についてお話をさせていただきます。前回は、平成18年の薬事法改正に至る経緯についてお話をさせていただきましたが、今回は、施行に伴って制定された省令や、発出された通知等についてお話をさせていただきます。


厚生労働省アワー「違法ドラッグ制度について①」 [薬学の時間]
2007/04/24(火) 00:00

薬学の時間
2007年4月24日放送分
厚生労働省アワー「違法ドラッグ制度について①」
厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課
小川 善之

違法ドラッグが麻薬への入り口になっている
 厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課の小川と申します。今回と5月24日の2回にわたり、「違法ドラッグ制度について」というテーマのもと、違法ドラッグ対策の一環として、本年4月1日に施行された指定薬物の取締りに関する制度についてお話をさせていただきます。