本邦における無痛分娩の現状と課題 [薬学の時間]
2010/01/14(木) 00:00

薬学の時間
2010年1月14日放送分
「本邦における無痛分娩の現状と課題」
北里大学 麻酔科学 准教授
奥富 俊之

 近年の生活様式の変化に伴い、多くの生活習慣病が生まれていることは多くの皆様が知っている通りです。しかし、これら生活様式の変化は何も病気のみに影響を及ぼしているわけではありません。たとえば、活動的な洋装で社会進出し、不規則長時間の勤務を強いられ、欧米化された食生活を経るうちに女性の体型は変化しました。ほっそり形のいい骨盤を獲得した反面、女性の一大イベントである出産の条件は必ずしも進化していません。しかも、少子高齢化で女性の出産年齢は徐々に上昇傾向にあり、高血圧、糖尿病などの合併症のある妊婦の割合も上昇しています。


母乳と薬剤 [薬学の時間]
2009/11/12(木) 00:00

薬学の時間
2009年11月12日放送分
「母乳と薬剤」
星ヶ丘マタニティ病院小児科
瀬尾 智子

 授乳中の女性が薬を使わなければならないとき、「薬が母乳に出るので授乳をやめなければいけませんか」と、しばしば質問されます。たしかに、多くの薬が母乳に出るのですが、その量はとても少なくて、母乳を飲んでいる赤ちゃんに影響が出るとは考えられないことがほとんどです。実際には、お母さんが薬を使うという理由で授乳をやめなくてはならないことは、よほど特殊な場合に限られます。


女性の尿もれ・頻尿 [薬学の時間]
2009/09/03(木) 00:00

薬学の時間
2009年9月3日放送分
「女性の尿もれ・頻尿」
よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長
奥井 伸雄

 今日は、女性の尿漏れ・頻尿というテーマでお話をいたします。
 最近になり、女性の尿漏れや頻尿が大変注目されてきました。多くの症状は、尿意を感じると、すぐにトイレに行かないと間に合わないというものや、何度も何度もトイレへ行くことで、生活の質が下がっているというものです。
 具体的には、「観劇に誘われたけど、トイレの回数が多いので見に行けない」とか、「台所で水仕事をしていたら、急に尿意を感じてしまう。外出ができず、引きこもりになった」というものです。


女性ホルモンと片頭痛の関連性 [薬学の時間]
2009/06/11(木) 00:00

薬学の時間
2009年6月11日放送分
「女性ホルモンと片頭痛の関連性」
神奈川歯科大学附属横浜研修センター横浜クリニック内科学講座教授
五十嵐 久佳

 片頭痛は女性に多い疾患であること、月経に関連して頭痛発作が起こりやすいこと、妊娠中に頭痛が軽減することなどから、女性ホルモンの影響が考えられています。本日は、女性ホルモンと片頭痛の関連性につき解説いたします。


女性における脂質低下療法の有効性 [薬学の時間]
2007/05/17(木) 18:42

薬学の時間
2007年5月17日放送
「女性における脂質低下療法の有効性」
京都大学医学部附属病院探索医療センター探索医療臨床部教授
横出 正之

高齢化が進み女性の動脈硬化性疾患の予防が重要
 わが国の疾患別死因統計をみますと、虚血性心疾患・脳血管障害などの動脈硬化性疾患はがんに続いて多く、さらに65歳以上の高齢者の受療率では循環器系疾患は他疾患を大きく上回ります。今後、75歳以上の後期高齢者がますます増加する超高齢社会を迎えて、循環器系疾患の予防と適切な診断は極めて重大な意義を有するといえます。なかでも、わが国の65歳の女性の平均余命は22.7年であり、高齢女性が健やかで生きがいのある生活を実現するためにも、動脈硬化性疾患の予防戦略は重要な意義をもってきます。そこで本日は女性における脂質低下療法の有効性についてお話したいと思います。