シリーズ重篤副作用疾患別対応マニュアル(9)急性肺損傷・急性呼吸窮迫症候群 [薬学の時間]
2009/10/15(木) 00:00

薬学の時間
2009年10月15日放送分
シリーズ重篤副作用疾患別対応マニュアル(9)
「急性肺損傷・急性呼吸窮迫症候群」
信州大学内科学第一講座教授
久保 惠嗣

 本日は、シリーズ、重篤副作用対応マニュアル(9)、急性肺損傷、acute lung injury、ALI、ならびに急性呼吸窮迫あるいは促迫症候群、acute respiratory distress syndrome、ARDS、について話したいと存じます。
 最初に肺水腫について簡単に触れます。肺水腫は、肺血管外での異常な液体貯留、と定義されます。その発生には、大きく2つの機序があります。肺の毛細血管内圧の上昇により、漏出液が貯留する場合と肺の炎症などで毛細血管壁の透過性が亢進し、滲出液や細胞成分が貯留する場合です。前者の代表的な病態が左心不全に伴う肺水腫で、後者が透過性亢進型肺水腫です。透過性亢進型肺水腫の代表的疾患が、今日、お話するALI/ARDSです。


冬の熱と咳からみた診療のポイント [薬学の時間]
2009/01/13(火) 00:00

薬学の時間
2009年1月13日放送分
「冬の熱と咳からみた診療のポイント」
石心会狭山病院副院長
青島 正大

「冬の熱と咳=かぜ」という先入観を排除して診療に当たる
 冬に発熱と咳を訴えて外来を受診した患者では上気道感染すなわちかぜやインフルエンザ、あるいは市中肺炎などを第一に考えるのが普通ですが、同様の症状をきたす肺結核などの呼吸器感染症やびまん性肺疾患や肺癌などの非感染性呼吸器疾患も念頭に置いた診療が必要です。


薬剤性肺障害の発生機序 [薬学の時間]
2007/12/04(火) 00:00

薬学の時間
2007年12月4日放送
「薬剤性肺障害の発生機序」
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科統合呼吸器病学分野教授
吉澤 靖之

薬剤性肺障害の分類
 薬剤性肺障害の発生機序について説明したいと思います。
 はじめに薬剤性肺炎の病理組織像の分類についてお話します。
 最近、特発性間質性肺炎群についてのアメリカとヨーロッパの呼吸器学会のコンセンサスレポートが報告され、その病理組織像についても一定の統一が図られました。原因の明らかな間質性肺炎もこの組織分類に準拠して記載するようになってきており、薬剤性肺炎にもこの組織分類が適用されるようになってきています。この分類によれば通常型間質性肺炎(UIP)非特異性間質性肺炎(nonspecific interstitial pneumonia、NSIP、このなかでcellular NSIPとfibrotic NSIPに亜分類)、少し頻度が低いその他の間質性肺炎がみられます。また同時に組織像と対比して画像の特徴も記載されてきていることより、薬剤性肺炎の画像所見もこの分類に準拠して報告される傾向にあります。この分類に準拠すると薬剤性肺炎は、急性間質性肺炎パターン、急性好酸球性肺炎、慢性間質性肺炎パターン(主として非特異性間質性肺炎、nonspecific interstitial pneumonia、NSIPパターン)、器質化肺炎パターン、慢性好酸球性肺炎に分類されます。