高脂血症治療薬の投与 [薬学の時間]
2008/08/07(木) 00:00

薬学の時間
2008年8月7日放送分
「高脂血症治療薬の投与」
福島県立医科大学内科学第一講座准教授
石橋 敏幸

高脂血症治療の本来の目的は動脈硬化性疾患の予防にある
 高脂血症治療薬の投与に関して次のような質問をいただきました。
 「総コレステロールと中性脂肪が高値の場合、高脂血症治療薬を投与すると比較的短期間で正常値になり、投与を中止し1カ月後くらいに値が再上昇していることがしばしばあります。高脂血症治療薬の投与はどのくらい継続するのが適当でしょうか」というご質問です。


家族性高コレステロール血症 [薬学の時間]
2008/05/06(火) 14:48

薬学の時間
2008年5月6日放送分
「家族性高コレステロール血症」
金沢大学大学院医学系研究科脂質研究講座特任教授
馬渕 宏

家族性高コレステロール血症の特徴
 本日は「家族性高コレステロール血症」の臨床についてお話します。
 動脈硬化症の危険因子は多数ありますが、喫煙、高血圧とともに高コレステロール血症は三大危険因子の一つとされています。
 血清CHOLは血中ではリポタンパクを形成しており、LDL-CHOLとHDL-CHOLがあります。LDLは動脈硬化を促進し、逆にHDLは動脈硬化を抑制します。したがってLDL-CHOLは高ければ高いほど悪い“悪玉CHOL”、HDL-CHOLは高ければ高いほどよい“善玉CHOL”と言われています。