ペット飼育による人獣共通感染症 [薬学の時間]
2008/05/13(火) 00:00

薬学の時間
2008年5月13日放送
「ペット飼育による人獣共通感染症」
東京医科歯科大学大学院国際環境寄生虫病学分野教授
太田 伸生

人獣共通感染症は今後増加する
 今日はペット飼育によってヒトにうつる感染症についてお話したいと思います。
 最近の日本では、生活スタイルの変化が進んできました。特に動物と人間の接触の濃密化は大きな特徴です。現代社会では、ペットを共同生活者として位置付けるようになったことに加えて、ペット自体の多様化、すなわちイヌやネコ以外の様々な動物をペットにするようになったことで、新たな感染症の機会が広がっています。