性同一性障害に関する治療のガイドライン [薬学の時間]
2008/07/01(火) 15:44

薬学の時間
2008年7月1日放送
「性同一性障害に関する治療のガイドライン」
岡山大学大学院保健学研究科看護学分野成育看護学領域教授
中塚 幹也

はじめに
 本日は、「性同一性障害」診療のガイドラインについてお話します。
 性同一性障害とは、「生物学的性別(身体の性)と性の自己認識(心の性)とが一致しない状態」です。このため、男性が女性の身体に、あるいは女性が男性の身体に閉じ込められたような感覚を持ちます。そして、自分の身体の性を強く嫌い、身体の性とは反対の性に強くひかれた心理状態が続くことになります。