年頭所感 [薬学の時間]
2010/01/05(火) 00:00

薬学の時間
2010年1月5日放送分
「年頭所感」
日本薬剤師会会長
児玉 孝

 日本薬剤師会会長の児玉でございます。明けましておめでとうございます。新年の挨拶を申し上げたいと思います。会員の皆様方におかれましては心新たに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。また平素より日本薬剤師会の諸事業にご理解、ご協力を賜っておりますこと、改めて心より厚く御礼申し上げます。


年頭所感 [薬学の時間]
2009/01/01(木) 00:00

薬学の時間
2009年1月1日放送分
「年頭所感」
日本薬剤師会会長
児玉 孝

 新年、明けましておめでとうございます。年頭所感を申し上げたいと思います。会員の皆様におかれましては、心新たに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。また、旧年中は日本薬剤師会の諸事業にご理解を賜りましたことを心より厚く御礼申し上げます。本年も宜しくお願いしたいと思います。
 平成21年、この新たな年に薬剤師にとって予想される主な課題、また新たな取り組みについて時系列に申し上げたいと思います。


学薬アワー「新会長挨拶」 [薬学の時間]
2008/06/24(火) 00:00

薬学の時間
2008年6月24日放送分
学薬アワー「新会長挨拶」
日本学校薬剤師会会長
田中 俊昭

日本学校薬剤師会のあゆみ
 日本学校薬剤師会は昭和26年、先導者として、初代会長・刈末達夫先生、副会長に可児重一先生、小林泰朔先生、横井亀吉先生で発足しました。「50年誌」によれば、昭和26年8月、日薬は在京理事会を開き、日薬内に学薬部会を設置することを審議決定したとあります。ここに公に認められた活動が開始されたと考えてもよいのでしょう。さらにさかのぼれば、昭和5年学校薬剤師第一号が、東京市麹町区で誕生以来、80年近くが過ぎ去っております。昭和14年4月、第1回全国学薬協議会が名古屋市で開催され、21道府県より107名が参加、プール水の水質検査についての研究発表があり、これが学校薬剤師創立年度と考えてもよいと思います。昭和26年、学校薬剤師設置規則が制定の運びとなり、「学校薬剤師を置くことができる」の文言が公的に明示されました。そして昭和33年4月「学校保健法」が国会を通過し、その一部改正公布により「学校薬剤師必置制」が実現したのです。昭和34年、2代目会長に可児重一先生が就任以来、永山芳男先生、山中正一先生、松尾学先生、澤村良二先生、杉下順一郎先生と会長年限は異なりますが、私、田中が8代目会長として就任いたしました。ただいま紹介いたしました先達の諸先生方を支えていらっしゃった役員の皆様方のご苦労を感じるとともに、日本学校薬剤師会を頂点とする学校薬剤師諸先生方の活動を支えていただいた、日本薬剤師会とその指導者の先生方に感謝申し上げます。


日薬アワー「新会長挨拶」 [薬学の時間]
2008/04/22(火) 00:00

薬学の時間
2008年4月22日放送分
日薬アワー「新会長挨拶」
日本薬剤師会会長
児玉 孝

薬剤師の役割が固まってきた
 日本薬剤師会の児玉です。会長就任にあたって一言ごあいさつさせていただきます。今年2月の日本薬剤師会第67回臨時総会にて会長に選出され、4月1日に就任させていただきました。よろしくお願いします。すべての薬剤師あるいは薬剤師会の会員のために一所懸命、2年間の任期を努めたいと思っておりますので、ご支援とご理解、ご協力をお願いしたいと思います。