発熱の相談に応じるコツ [薬学の時間]
2009/12/08(火) 00:00

薬学の時間
2009年12月8日放送分
「発熱の相談に応じるコツ」
わざクリニック院長
和座 一弘

はじめに
 今回は、「発熱の相談に応じるコツ」についてとのお題で、しばらく私のお話にお付き合い頂ければと存じます。最初に、自己紹介をさせていただきます。私は、現在、葛飾柴又の江戸川のほとり、東京のベッドタウンのとある駅前で開業している町医者です。ですから、発熱といっても、大学病院で診る患者さんではなく、街角の診療所・薬局で熱について相談を受けたときの場面をイメージしていただいてお聴きいただければと存じます。


在宅における死を見すえた時期の精神面の支援 [薬学の時間]
2009/05/14(木) 00:00

薬学の時間
2009年5月14日放送分
「在宅における死を見すえた時期の精神面の支援」
ふじ内科クリニック院長
内藤 いづみ

はじめに
 医療制度が整わず、社会的理解度がまだまだ乏しい時から、「在宅ホスピスケア」の実践と啓蒙が、自分の医療者としての使命だと思い、ずっと20年以上歩んできました。ですから「在宅ホスピス医」と紹介されることも多いです。最近社会も医療制度も変化し、「在宅ホスピスケア」が普及する下地が整ってきています。何より国の方針の下に、病院でできる治療が終了した重症患者さんが、どんどん家に戻される事態になっています。在宅ケアやホスピスケアについて「知りません。分かりません。」それでは済まないのです。ですからこの放送を通じて、皆様にいのちに寄り添う意味といのちを支える実践について、理解を深めていただければ幸いです。


患者の話を聞く技術―確認型応答について [薬学の時間]
2009/01/15(木) 00:00

薬学の時間
2009年1月15日放送分
「患者の話を聞く技術―確認型応答について」
対話法研究所所長
浅野 良雄

誤解の予防・解消と信頼構築のために
 対話法研究所の浅野良雄と申します。今日は、確認型応答という技法を中心に、患者さんの話の聞き方についてお話しいたします。これからご紹介する技法は、日常の業務の中で、自然と身に付けたり、傾聴や共感の技法として学んだことがある方も大勢いらっしゃると思います。今日は、これらの技法の重要性を、確認型応答という視点から、改めて認識していただけると幸いです。