睡眠時無呼吸症候群 SAS [薬学の時間]
2009/04/02(木) 00:00

薬学の時間
2009年4月2日放送分
「睡眠時無呼吸症候群 SAS」
虎の門病院睡眠センター長
成井 浩司

はじめに
 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome; SAS)は、文字通り睡眠中に呼吸停止が断続的に繰り返される病態である。大きくは、上気道の閉塞によって起こる閉塞型(Obstructive sleep apnea syndrome; OSAS)と、中枢からの呼吸ドライブの低下に伴って生じる中枢型に分けられるが、一般人口におけるSASは、ほとんど閉塞型である。