学薬アワー「自然毒きのこ・魚介類等による食中毒」 [薬学の時間]
2010/09/17(金) 13:31

薬学の時間
2010年8月24日放送分
学薬アワー「自然毒きのこ・魚介類等による食中毒」
日本学校薬剤師会常務理事
横田 勝司

 本日は、ふぐ毒以外の自然毒を対象とした食中毒についてお話を進めて参ります。
 平成元年(1989年)から平成20年(2008年)までの20年間に食中毒で亡くなった総死者数は、144名(年間平均7.2名)で、その内、動・植物による自然毒死亡者数は94名(65.27%)と最も多く、約三分の二を占めます。その第1位がフグの58名(2.9名/年間)、次いでキノコの28名(1.4名/年間)で、この二つは突出しており、その他としてトリカブト、グロリオサの球根、イヌサフラン等の8名(0.4名/年間)であります。